[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米フィギュア女子16歳で電撃引退のワケ 来日中に発表「信じられない11年間でした」

フィギュアスケートのアリサ・リウ(米国)がインスタグラムで電撃引退を発表した。まだ16歳、2月の北京五輪7位、3月の世界選手権3位と充実著しいこのタイミングでなぜ決断したのか。本人が理由を明かしている。

インスタグラムで引退を発表したアリサ・リウ【写真:AP】
インスタグラムで引退を発表したアリサ・リウ【写真:AP】

3月に世界選手権3位になったばかり、インスタグラムで「引退を発表します」

 フィギュアスケートのアリサ・リウ(米国)がインスタグラムで電撃引退を発表した。まだ16歳、2月の北京五輪7位、3月の世界選手権3位と充実著しいこのタイミングでなぜ決断したのか。本人が理由を明かしている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 米フィギュア界に衝撃が走った。スターズ・オン・アイス東京公演に出演していたリウが日本時間10日未明にインスタグラムを更新し、長文メッセージを投稿。「スケートからの引退を発表します」と発表したのだ。

「5歳でスケートし始めたので11年間、氷上にいたことになります。信じられない11年間でした。良いことも悪いこともたくさんあったけど、そういうものだと思います。一生ものの友人とたくさんのいい思い出を作ることができました。正直に言って、こんなに多くのことを達成できるとは思わなかった。とっても幸せです。自分のスケートキャリアにとっても満足しています」

 リウは13歳だった19年に史上最年少で全米選手権優勝。天才少女として一躍脚光を浴びた。その後も着実に実績を積み、今年2月の北京五輪で7位入賞。3月に行われた世界選手権でも3位で表彰台に上がったばかりだった。

 いったいなぜ、16歳にして決断したのか。それは「目標の達成」、そして未来のビジョンがあるようだ。

「今、スケートでの目標を達成したから次のステップへ進みます。現在はほとんどの時間を家族と友だちと過ごして、勉強もすると思います。でもスケートは、予想していたよりも、人生についてずっと多くのことを教えてくれました」

 16歳ながらも幼少期から国際舞台を踏み、数々の栄光を知った。その過程で多くの友人に出会い、全力で駆け抜けた11年。そして、スケート以外の人生はこれからも続き、さまざまな可能性がある。勉強することも、人生設計に必要な一つの要素と知っているのだろう。

 投稿には「スケートしてよかったです」と想いを込めた一言で締めくくった。この決断は多くの有力女子選手を擁するロシアなど、各国の海外メディアに報じられ、驚きをもって受け止められている。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集