[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太の進退に帝拳ジム会長が言及「最後のつもり」「またやるとは言わないはず」

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦が9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)がIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に9回2分11秒TKO負けで番狂わせはならなかった。興行規模が20億円を超える日本史上最大のビッグマッチ。下馬評では圧倒的不利だった村田は歴史的選手に敗れ、2度目の王座陥落を喫した。ゴロフキンは王座統一に成功(IBFは2度目の防衛)。戦績は36歳の村田が16勝3敗、40歳のゴロフキンが42勝1敗1分け。(観衆1万5000人)

WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦、試合後会見に出席した村田諒太【写真:荒川祐史】
WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦、試合後会見に出席した村田諒太【写真:荒川祐史】

村田諒太VSゴロフキン

 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦が9日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)がIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に9回2分11秒TKO負けで番狂わせはならなかった。興行規模が20億円を超える日本史上最大のビッグマッチ。下馬評では圧倒的不利だった村田は歴史的選手に敗れ、2度目の王座陥落を喫した。ゴロフキンは王座統一に成功(IBFは2度目の防衛)。戦績は36歳の村田が16勝3敗、40歳のゴロフキンが42勝1敗1分け。(観衆1万5000人)

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 村田は勇敢に戦った。自慢のガードを固めつつワンツー、ボディーを浴びせた。鈍い音が鳴り響く会場。凄まじい緊張感に包まれた。被弾はするものの、目論み通り圧力をかけて下がらせる展開。何度も左ボディーを入れ、ゴロフキンにダメージを与えた。中盤はラッシュを浴びても下がらない。徐々に防戦一方となる時間が増えた。鬼の形相で反撃。しかし、最後は強烈な右フックを側頭部にもらってプロ初ダウン。膝から崩れ、陣営がタオルを投げた。

 74歳の帝拳ジム・本田明彦会長は報道陣の取材に対応。奮闘した村田について「100%の力を発揮した。素晴らしい男ですよ。ゴロフキンが上だった」と称賛した。世紀の一戦を手がけたが、「あいつ(村田)に感謝です。イベントを組んでも結果が悪いと意味がない。終わってもお客さんが一人も帰らないのは珍しい」と語り、こう続けた。

「(村田と)9年間やってきて、今回は長いキャンプもやっていないし、2年4か月のブランクがあった。それでもあれだけのものを見せるのは凄い。プロモーターとして感謝です。控室で見ている時から違った。冷静でした。村田のガードの固さがあるからあそこまで持ったと思います。75年生きてきて(プロモーター人生の)最終章として成し遂げないといけないと思っていた。そういう充実感があります」

 村田の今後については「最後と言っちゃいけないかもしれないけど、最後のつもりでやってきた。まさかまたやるとは言わないと思う」と私見を説明。続けて「勝っても負けてもこれが最後という気持ちだったと思う。私もそうです。あいつのことだから、『またやります』とか勝手に言うかもしれませんが」と決断は本人に任せる姿勢を見せた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集