[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 19歳ラジオノワ、来季も現役続行へ「大会を恋しいと思っていることに気づいた」

19歳ラジオノワ、来季も現役続行へ「大会を恋しいと思っていることに気づいた」

フィギュアスケートの15年世界選手権銅メダリスト、エレーナ・ラジオノワ(ロシア)が来季も現役続行することを表明した。ロシアメディアが伝えている。

エレーナ・ラジオノワ【写真:Getty Images】
エレーナ・ラジオノワ【写真:Getty Images】

ロシアの15年世界選手権銅メダリスト「競技を終える準備ができていない」

 フィギュアスケートの15年世界選手権銅メダリスト、エレーナ・ラジオノワ(ロシア)が来季も現役続行することを表明した。ロシアメディアが伝えている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 ロシアスポーツメディア「sports.ru」によると、ラジオノワは「ある時、私はトレーニングや大会を恋しく思っていることに気づきました。競技を終える準備ができていないことに気づいたんです。とにかく私は望む限り滑っていいし、滑っていく。それだけじゃなく、自分のスケートに注ぎ込むモチベーションも力強さも私は持っています」などと語り、来季も競技に挑むことに意欲を燃やしたという。

 ラジオノワは13、14年の世界ジュニア選手権を連覇するなど、ジュニア年代から天才少女として脚光を浴びた。シニアでも15年の世界選手権で銅メダルを獲得し、日本のファンにも根強い人気を誇っていた。平昌五輪出場を目指した今季はロシア選手権で10位に終わり、出場権を逃していた。

 浅田真央さんのファンとして知られ、今季はグランプリ(GP)シリーズのロシア杯に出場した際に羽生結弦(ANA)との2ショット写真をSNSに掲載して話題を呼ぶなど、日本のスケーターとも交流が深かった。来季は20歳を迎えるシーズン、表現力豊かな持ち前の美しい演技で舞い続ける。

(THE ANSWER編集部)

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー