[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、米メディアが「今後の更なる進化を示す」と評した“もう一つの才能”とは

大谷翔平、米メディアが「今後の更なる進化を示す」と評した“もう一つの才能”とは

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地ツインズ戦で今季2度目の4番に座り、DHでスタメン出場。第3打席で技ありの左前打を放ち、3試合連続安打となった。5本塁打を放っている豪快な打撃あり、この日のような巧みな打撃あり。コースも問わずに打ち続けている。そんな二刀流の“もう一つの才能”とも言うべき対応力について、米メディアは「彼の適応性は、今後のさらなる進化を示している」と評している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

初球打ちあり、豪打あり、技あり打あり、二刀流の“適応性”を地元紙が賛辞

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地ツインズ戦で今季2度目の4番に座り、DHでスタメン出場。第3打席で技ありの左前打を放ち、3試合連続安打となった。5本塁打を放っている豪快な打撃あり、この日のような巧みな打撃あり。コースも問わずに打ち続けている。そんな二刀流の“もう一つの才能”とも言うべき対応力について、米メディアは「彼の適応性は、今後のさらなる進化を示している」と評している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 二刀流のバットは豪打だけが武器じゃない。大谷がこの日は技ありの一打で見せた。5回2死一、二塁の好機、1ボールからツインズ右腕リンの外角低めツーシームを捉えた。ストライクゾーンぎりぎりの難しいコース。しかし、長い両腕で巧みにバットに乗せ、レフト前に運んで3試合連続安打とした。

 打率.348と高い数字をキープ。5本塁打、16打点も堂々たるものだ。そんな二刀流スターについて、本拠地ロサンゼルスの地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は「エンゼルスのスター、ショウヘイ・オオタニは、ピッチャーたちが対策を施してくると見解」と特集し、スポットライトを当てている。

「彼の適応性は、今後のさらなる進化を示している。ショウヘイ・オオタニはすでにビッグリーグでヒットを打つ方法を見出せていないという風潮は完全になくなった」

 このように大谷の対応力を評価。これにより、「さらなる進化」が可能になるとしている。すでに大谷が通用しないとの見方は消滅しているという記事では、打者として17試合に先発し、15試合に安打を記録したを紹介。その上で、こう評している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー