[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • この角度がスゴイ! 奪三振王の“鋭利スライダー”に米ファン恍惚「無慈悲な軌道だ」

この角度がスゴイ! 奪三振王の“鋭利スライダー”に米ファン恍惚「無慈悲な軌道だ」

米大リーグで絶品の1球が脚光を浴びている。左横手から繰り出したスライダーが、まるでブーメランのような切れ味。しかも、インステップで鋭利すぎる角度から空振り三振を奪った瞬間を、MLB公式ツイッターが動画付きで公開し、米ファンは「これは反則級だ」「無慈悲な軌道だ」などと反響が広がっている。

レッドソックスのクリス・セール【写真:Getty Images】
レッドソックスのクリス・セール【写真:Getty Images】

300奪三振左腕セールの1球に反響…米ファン「これは反則級だ」

 米大リーグで絶品の1球が脚光を浴びている。左横手から繰り出したスライダーが、まるでブーメランのような切れ味。しかも、インステップで鋭利すぎる角度から空振り三振を奪った瞬間を、MLB公式ツイッターが動画付きで公開し、米ファンは「これは反則級だ」「無慈悲な軌道だ」などと反響が広がっている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 1球の変化球で脚光を浴びているのは、レッドソックスのクリス・セール投手だ。11日(日本時間12日)のブルージェイズ戦、4回1死の場面だった。右打者のアルフォードに対し、カウント1-2から投じた4球目だ。

 長身198センチのサイドから左腕を振り、繰り出したのはスライダーだ。捕手は真ん中内寄りに構えていた。ストライクゾーンに向かったかと思った白球は、しかし、打者の手元で急激に曲がり始めた。打者のバットは無残に空を切った。捕手が捕球したのは、打者のほぼ足元付近のボール球。それでも、手が出てしまうのだから、いかに切れ味が鋭いかが分かる。

 MLBは公式ツイッターで「うわっ!」と驚きのひと言とともに動画で公開。映像を観ると、インステップで踏み出してサイドから繰り出した上に、打者に対し、より角度をつけていることが見て取れる。右打者にとっては正面ではなく、“斜め”からボールが飛んでくる感覚に近いだろう。クロスに入ってくる分、当然、バットに当てづらくなる。

 映像を目の当たりにした米ファンも「これは反則級だ」「ベストスライダーと言っても過言ではない」「無慈悲な軌道だ」「うんざりするようなボールだ!」と返信欄で驚きの声を上げていた。

 セールといえば、昨季は2年連続17勝を挙げ、リーグ最多奪三振となる308をマーク。MLB史上35人目となる300奪三振達成投手となった。メジャー屈指の奪三振王はこの日は15三振を奪い、9回3失点の力投も勝ち負けつかず。4勝目はお預けとなったが、鮮烈なインパクトを残していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー