[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜ、彼はしゃがんだのか カナダ名手の「可愛らしいカウンター」に海外反響

なぜ、彼はしゃがんだのか カナダ名手の「可愛らしいカウンター」に海外反響

男子テニスのマドリード・オープンは8日、シングルス2回戦で世界ランク24位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)がグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)を7-5、3-6、6-3のフルセットで下し、16強進出。第3セットには強烈なサーブにしゃがみこんでリターンするプレーを見せ、ATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで公開し、「スイートリターン」「可愛らしいカウンター」とファンに笑顔を呼んでいる。

ミロシュ・ラオニッチ【写真:Getty Images】
ミロシュ・ラオニッチ【写真:Getty Images】

ラオニッチが強烈サーブをしゃがんでリターンする姿が話題に

 男子テニスのマドリード・オープンは8日、シングルス2回戦で世界ランク24位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)がグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)を7-5、3-6、6-3のフルセットで下し、16強進出。第3セットには強烈なサーブにしゃがみこんでリターンするプレーを見せ、ATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで公開し、「スイートリターン」「可愛らしいカウンター」とファンに笑顔を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 強いラオニッチが帰ってきた。ファンを沸かせたのは第3セット4-3で迎えた第8ゲームだ。

 ディミトロフのサービス。豪快にラケットを振り抜き、強烈なサーブを放った。体正面に飛んだきた打球に反応するラオニッチ。しかし、とった行動はしゃがみこみだった。予想外にボールが伸びたのか、さっと腰を落として右手でラケットをかざした。そのまま当てるだけの形でボールをリターン。ロブ気味になったボールはベースラインぎりぎりに入ったのだ。

 意表を突く“しゃがみこみリターン”にざわめく場内。すぐに立ち上がったラオニッチはラリーを展開し、今度は素早いフットワークで最後は右サイドいっぱいを突き、絶妙なショットでポイントを奪ってみせたのだ。ざわめきは歓声に変わり、ラオニッチも思わずガッツポーズ。喜びを体で表現していた。結局、接戦をものにして勝利。この試合のハイライトとなった。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー