[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界フィギュアで痛ましいアクシデント 女子選手が脳震とうで棄権「しばらく動けず」

フィギュアスケートの世界選手権がフランス・モンペリエで行われている。ペアのフリーでは、転倒した女子選手が動けなくなり、棄権するアクシデントも。脳震とうであったと伝えられ、海外メディアは「氷上を去る際には涙を浮かべていた」と報道している。

ペアのアシュリー・ケイン、ティモシー・ルデュク組【写真:AP】
ペアのアシュリー・ケイン、ティモシー・ルデュク組【写真:AP】

ペアフリーで米国組にまさかのアクシデント

 フィギュアスケートの世界選手権がフランス・モンペリエで行われている。ペアのフリーでは、転倒した女子選手が動けなくなり、棄権するアクシデントも。脳震とうであったと伝えられ、海外メディアは「氷上を去る際には涙を浮かべていた」と報道している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 24日のペアフリー。SP2位で迎えたアシュリー・ケイン、ティモシー・ルデュク組(米国)にまさかのアクシデントが生じた。ケインがジャンプで着氷に失敗。起き上がろうとしたが、体を強く打ち付けていたためか演技を再開できなかった。パートナーのルデュクも心配そうに近寄る。客席からはエールの拍手が送られ、ケインは担架で運ばれた。

 この出来事を、AP通信は「ケインの顎が氷に激しくぶつかったように見えた」「彼女はしばらく動けなくなったが、最終的には自力で立った。ケインはストレッチャーで運ばれ、両親でありコーチに連れられて氷上を去る際には涙を浮かべていた」と伝えた。

 また米放送局「バリースポーツ」のマギー・ヘンドリックス記者は「アシュリー・ケインは脳震とうだった。大会からの棄権を発表した」とツイッターで報じた。SPでは75・85点を記録し、首位と1.03点差だった2人。無念の瞬間には「これは恐ろしい」などと海外ファンからコメントも寄せられていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集