[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元同僚・涌井秀章の男気に感激 こだわり球場メシ作る元西武40歳「喜ばれるお店を」

プロ野球は25日、いよいよ2022年シーズンが開幕する。西武―オリックス戦が行われるベルーナドームには、西武OBの米野智人さんが運営するビーガン食の飲食店「BACKYARD BUTCHERS(バックヤードブッチャーズ)」が昨年からオープンしている。開店に際してはクラウドファウンディングを実施。元チームメートの協力もあり、当初の目標を大きく超える額が集まった。健康と環境にも気を使った美味しいグルメを、今年もファンに届ける。

ベルーナドームで「BACKYARD BUTCHERS」を運営する米野さん。昨年のオープンから1年が経過する【画像提供:西武ライオンズ】
ベルーナドームで「BACKYARD BUTCHERS」を運営する米野さん。昨年のオープンから1年が経過する【画像提供:西武ライオンズ】

プロ野球きょう開幕、西武OB米野さんはベルーナドームでビーガン食を提供

 プロ野球は25日、いよいよ2022年シーズンが開幕する。西武―オリックス戦が行われるベルーナドームには、西武OBの米野智人さんが運営するビーガン食の飲食店「BACKYARD BUTCHERS(バックヤードブッチャーズ)」が昨年からオープンしている。開店に際してはクラウドファウンディングを実施。元チームメートの協力もあり、当初の目標を大きく超える額が集まった。健康と環境にも気を使った美味しいグルメを、今年もファンに届ける。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 球場一塁側外周コンコース沿い、ライトスタンド奥でピンクとグリーンが目立つグルメ店舗がある。「BACKYARD BUTCHERS」。日本語で直訳すると「裏庭のお肉屋さん」だ。まるで肉のような美味しさの料理でありながら、実は動物性のものを使用していない「ビーガン食」を提供していることが店名の由来だ。

 現在40歳の米野さんは2010年から6年間西武に在籍。引退後は東京・下北沢でカフェレストランを営んでいたが、21年から古巣本拠地に“移転”した。地球環境、健康に優しい食をコンセプトにしており、オススメ商品は「フライドソイチキンサルサボウル」。大豆ミートのフライにビーガンのマヨネーズとサルサソースがかかったピリ辛の逸品だ。

 開店にあたってはクラウドファウンディングを利用。当初の目標は100万円だったが、なんと1日で到達。最終的には289人から300万円を超える支援が集まった。SNSで元チームメートのG.G.佐藤さんらが情報を拡散してくれたことが大きかった。

「G.G.佐藤さんとは今でもお会いする仲で、セカンドキャリアの話もします。SNSを通じてお仕事のオファー貰ったり、依頼があったりするとおっしゃっていましたし、発信は大事だと実感しています」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集