[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳岩井ツインズの妹・千怜が6位発進 キャディーの父に感謝「背中を押してくれた」

女子ゴルフの今季2戦目・明治安田生命レディス初日が11日、高知・土佐CC(6228ヤード、パー72)で行われた。昨年6月のプロテストに合格した双子姉妹の妹・岩井千怜(Honda)は、4バーディー、ボギーなしの68で回って4アンダー、6位発進となった。昨年12月のツアー最終予選会(QT)は90位に終わったが、キャディーを務めた父・雄士さんのサポートを受け「自分にもできる」と手応えを口にした。

明治安田生命レディス、6位発進となった岩井千怜【写真:Getty Images】
明治安田生命レディス、6位発進となった岩井千怜【写真:Getty Images】

今季ツアー第2戦・明治安田生命レディス初日

 女子ゴルフの今季2戦目・明治安田生命レディス初日が11日、高知・土佐CC(6228ヤード、パー72)で行われた。昨年6月のプロテストに合格した双子姉妹の妹・岩井千怜(Honda)は、4バーディー、ボギーなしの68で回って4アンダー、6位発進となった。昨年12月のツアー最終予選会(QT)は90位に終わったが、キャディーを務めた父・雄士さんのサポートを受け「自分にもできる」と手応えを口にした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 18番パー4。19歳の千怜はピン奥6メートルからの第3打をカップインさせた。3連続バーディー。雄士さんから「ナイス」と声を掛けられ、千怜はニコリと笑った。

「ノーボギーのラウンドは久しぶりです。正直、オフのラウンドではアンダーが出ていなかったですし、少し驚いています。『自分にもできる』と思いました」

 オフは、地元の埼玉県内で練習を重ねた。温暖な地域で調整をする選手が多いが、雄士さんの方針「敢えて厳しい環境で心身を鍛えていこう」に従い、姉の明愛と共に練習とトレーニングを重ねた。推薦出場で迎えた今季初戦。千怜は気温16.3度の中で気持ち良くプレーしていた。

「やっぱり、暖かいとやりやすかったです。今日は、父もところどころで『自信を持って』と背中を押してくれました。いいタイミングで水をくれたりもしました」

 コースはグリーンの硬さが特徴だが、明愛と同じく千怜は高弾道のスピンが効いたショットが打てる。それを武器にピンを攻めることもできた。そして、いいリズムでパターも打てた。

 だが、まだ初日。シーズン後半戦の出場権を得るには、推薦で出場する前半戦の試合で、メルセデス・ランキングのポイントを稼ぐ必要がある。それを念頭に千怜は言った。「出た試合で上位に食い込めるようにしたいです」。所属のHondaをはじめ、契約先9社の期待にも応えるべく、まずは予選を突破してその可能性を広げるつもりだ。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集