[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

チェン、五輪Vで好感度&知名度が爆上がり 米国内の調査結果「最も数字高めた選手」

北京五輪フィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得したネイサン・チェンは、母国で知名度と好感度が急上昇した。米データ会社「モーニング・コンサルト」は米国の成人にアンケートを実施。最も“爆上がり”した選手と公表した。

北京五輪フィギュア男子金メダリストのネイサン・チェン【写真:AP】
北京五輪フィギュア男子金メダリストのネイサン・チェン【写真:AP】

米成人を対象にした調査をデータ会社発表

 北京五輪フィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得したネイサン・チェンは、母国で知名度と好感度が急上昇した。米データ会社「モーニング・コンサルト」は米国の成人にアンケートを実施。最も“爆上がり”した選手と公表した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 モーニング・コンサルトは「米国代表選手の中でネイサン・チェンが最大の知名度上昇率を獲得した」と調査結果の記事を掲載。北京五輪前後による各選手の知名度と好感度の推移に触れた。チェンの大会前の知名度は27%だったのに対し、大会後は40%に。好感度は15%から25%に上昇したという。

 記事では、知名度の伸び率はスノーボード・ハーフパイプ女子で連覇した韓国系米国人のクロエ・キムも同等だったと説明。キムの好感度はチェンに次ぐ22%だった。同社は22歳のチェンについて「全選手の中で最も知名度と好感度を高めた選手となった」「米国成人の4人に1人がチェンを好きだということだ」と強調。こう続けた。

「北京大会前は米国内で特定のビッグネームの選手はいなかった。大会前の調査で知名度が半数以上を超えているのはスノーボードのショーン・ホワイトのみだった。そしてホワイトは大会後に引退している」

 スノーボード・ハーフパイプ男子で過去3度の金メダルを獲得し、今大会は4位だったショーン・ホワイトは大会後も知名度63%、好感度42%だったという。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集