[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「0.4秒の奇跡」― 44歳右腕の“167キロ捕球”に熱狂「104マイル? それでも遅い」

「0.4秒の奇跡」― 44歳右腕の“167キロ捕球”に熱狂「104マイル? それでも遅い」

米大リーグの現役最年長選手がまたまた魅せた。127キロの巨体を誇る右腕が、初速104マイル(約167キロ)のピッチャライナーに反応し、キャッチするスーパープレーが発生。MLB公式ツイッターが動画付きで公開すると、「ビッグセクシーは期待を裏切らない」「私達が必要としているヒーロー」と大反響を呼んでいる。

バートロ・コロン【写真:Getty Images】
バートロ・コロン【写真:Getty Images】

現役最年長コロン、投手強襲に“神反応”で話題「ビッグセクシーは裏切らない」

 米大リーグの現役最年長選手がまたまた魅せた。127キロの巨体を誇る右腕が、初速104マイル(約167キロ)のピッチャライナーに反応し、キャッチするスーパープレーが発生。MLB公式ツイッターが動画付きで公開すると、「ビッグセクシーは期待を裏切らない」「私達が必要としているヒーロー」と大反響を呼んでいる。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 127キロが167キロを0.4秒でキャッチした。スーパープレーで話題を呼んでいるのは、レンジャーズの右腕、バートロ・コロン投手だ。

 28日(日本時間29日)のブルージェイズ戦。6-2とリードして迎えた6回2死の場面だ。カウント1-2からの6球目、89マイル(約143キロ)の速球を前打席で本塁打を放っている右の強打者ピラーが捉えた。真正面にはじき返した痛烈なライナーが18.44メートル先のコロンを襲う。しかし、だ。

 コロンはリリースし、両足を広げ、仁王立ちのような体勢のまま、瞬時に反応。左手のグラブをさっと挙げた。そして、あろうことか、白球をそのままキャッチしてみせたのだ。一躍、熱狂に沸くスタジアム。44歳が見せた驚異の反射神経に思わず、実況、解説も笑い出した。何より捕った本人も「捕っちゃった」とでも言いたげに照れ笑いを浮かべていた。

 MLB公式ツイッターは「バットから放たれた104マイル? それでも、バートロには遅い」と打球速度が104マイル(約167キロ)であると伝え、動画付きで公開。映像を観ると、打球を把握して反応していることが見て取れる。しかも打ってから、およそ0.4秒。これは、見事というしかない。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー