[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ開幕戦 35歳諸見里しのぶ、調整3か月で1年ぶり出場「稲見さんのマネした」

女子ゴルフの今季開幕戦・ダイキンオーキッドレディスが3日から4日間、沖縄・琉球GCで開催される。2019年限りでツアーの第一線から離れている諸見里しのぶ(ダイキン工業)は、ホステスプロとして昨年大会に続いて推薦出場する。2日、会見に臨んだ諸見里は「かなり状態はいい」と明かし、今年も地元・沖縄開催の試合に全力を尽くす思いを語った。

諸見里しのぶ(写真は2019年)【写真:Getty Images】
諸見里しのぶ(写真は2019年)【写真:Getty Images】

今季開幕戦ダイキンオーキッドレディスを前に会見

 女子ゴルフの今季開幕戦・ダイキンオーキッドレディスが3日から4日間、沖縄・琉球GCで開催される。2019年限りでツアーの第一線から離れている諸見里しのぶ(ダイキン工業)は、ホステスプロとして昨年大会に続いて推薦出場する。2日、会見に臨んだ諸見里は「かなり状態はいい」と明かし、今年も地元・沖縄開催の試合に全力を尽くす思いを語った。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 35歳の諸見里は09年に6勝を挙げて賞金ランク2位入るなど、ツアー通算9勝の実力者。昨年12月から自分のゴルフに向き合ったという。理由はこの試合への推薦出場が決まったからだ。

「3か月間、すごく贅沢な時間でした。そして、選手のマネをすることが増えました。(東京五輪で)金メダルを取った(ネリー)コルダ選手が練習場でやっていたことをマネしましたし、フェードを打ちたい時には、稲見(萌寧)さんのフォローの抜け方をマネしました。そうする中で、自分のスイングが分かるようになってきました。パット、アプローチもつかみかけていますし、一つでもいいプレーを見せたいです。予選を通過して、4日間戦いたいです」

 ツアーを離れる大きな原因となった第4肋軟骨(ろくなんこつ)の炎症はいまだにあり、「時々、痛くなります」と話す。だが、ステップ・アップ・ツアーのコースセッティングを担当したり、レギュラーツアーのテレビ解説を経験したりして、新たな視点が出てきたという。

「朝イチと夕方ではグリーンでの傾斜の見え方が違うことに気づきますし、足の裏でも繊細に傾斜を感じるようになりました。『ああ、現役の時にできていたら』と思います」

 だが、現役復帰の可能性については「この3か月間で、改めてプロが1年を通して、モチベーションを高くして戦い、体調を整えるのは大変だと思いました。QT(ツアー予選会)を受けるのはまだまだ……」と否定的だった。

 この試合には同じ沖縄県出身で38歳の上原彩子も出場する。今年はプロ20周年の記念イヤー。オフからかつてツアーをともに戦った飯島茜から指導を受けているといい、「節目の年ですし、沖縄勢の一人としていい結果を残したいです」と目を輝かせた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集