[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロシアのフィギュア世界選手権除外 元五輪女王が母国選手に想い「選手に罪はない」

国際スケート連盟(ISU)は1日、ロシアとベラルーシの選手と役員について国際大会への招待、参加を無期限で認めないことを発表した。フィギュアスケートでは23~26日に世界選手権(フランス・モンペリエ)を予定。ロシアのウクライナ侵攻が影響したもので、北京五輪金メダルのアンナ・シェルバコワ、銀メダルのアレクサンドラ・トルソワらロシア勢が出場できない。同国のトリノ五輪女王は「これはやりすぎ」と主張している。

トリノ五輪金メダリストのタチアナ・ナフカ氏がロシア勢の出場停止に言及(写真は2019年)【写真:Getty Images】
トリノ五輪金メダリストのタチアナ・ナフカ氏がロシア勢の出場停止に言及(写真は2019年)【写真:Getty Images】

ウクライナ侵攻による国際大会出場不可、トリノ五輪女王が指摘

 国際スケート連盟(ISU)は1日、ロシアとベラルーシの選手と役員について国際大会への招待、参加を無期限で認めないことを発表した。フィギュアスケートでは23~26日に世界選手権(フランス・モンペリエ)を予定。ロシアのウクライナ侵攻が影響したもので、北京五輪金メダルのアンナ・シェルバコワ、銀メダルのアレクサンドラ・トルソワらロシア勢が出場できない。同国のトリノ五輪女王は「これはやりすぎ」と主張している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ロシアメディア「スポルトエクスプレス」は「2006年トリノ五輪アイスダンスで金メダルを獲得したタチアナ・ナフカ氏が、スポルトエクスプレスの取材で、ISUのロシアとベラルーシを国際大会から除外する決定に反応した」と紹介。ナフカ氏はこう語ったという。

「もちろんこれは行き過ぎです。正直なところ言葉さえありません。この悪夢がもうすぐ終わると信じたいです」

 有力選手の多い後輩たちを想った様子。同国メディア「championat.com」もナフカ氏の言葉を紹介した。ロシア勢の除外に対し、「私たちみんな、オリンピックで何が起こっていたかを見守っていました。今、ロシアのフィギュアスケーターたちが世界選手権に出ないことをみんな喜ぶだろうと思います」とコメント。他国の選手にとってプラスだと指摘し、こう続けている。

「私はこれらすべて起こっていることがとても残念です。政治において罪がなく、それに何の関係も持たないアスリートや子供たちが残念です。今、我々のアスリートたちはパラリンピックに出場するのも禁止されています。これはやりすぎです。今、世界で起きていることが信じられません」

 ナフカ氏はロマン・コストマロフとカップルを組み、世界選手権2度、グランプリ(GP)ファイナル2度優勝し、06年トリノ五輪も制して引退した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集