[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 米屈指の速球王、主砲幻惑の魔球チェンジにMLB困惑「これは本当にフェアなのか?」

米屈指の速球王、主砲幻惑の魔球チェンジにMLB困惑「これは本当にフェアなのか?」

米大リーグ、メッツの“速球王”ノア・シンダーガード投手の投球がまた話題を呼んでいる。MLB公式ツイッターが変化球で圧巻の3球三振を奪うシーンを公開している。

ニューヨーク・メッツのシンダーガード投手【写真:Getty Images】
ニューヨーク・メッツのシンダーガード投手【写真:Getty Images】

メッツの速球王が変化球で魅せた、カーブで追い込み魔球チェンジアップで空振り三振に

 米大リーグ、メッツの“速球王”ノア・シンダーガード投手の投球がまた話題を呼んでいる。MLB公式ツイッターが変化球で圧巻の3球三振を奪うシーンを公開している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 26日(日本時間27日)の敵地カージナルス戦だった。メッツ1点リードの5回無死、シンダーガードはカージナルスの主砲オズナと対戦。初球はカーブで見逃し、2球目はブレーキの利いたチェンジアップで2ストライク。最後は90.3マイル(約145キロ)、外角へ沈むチェンジアップでオズナのバットに空を切らせた。

 圧巻の3球三振をMLBは「これは本当にフェアなのか?」とつづり公開。シンダーガードは100マイル(約160キロ)を超える直球が持ち味だが、変化球も一級品。オズナの調子が良くないとは言え、あっさりと打ち取って見せた。

 シンダーガードは8回途中まで投げて2失点も勝敗はつかず。最後はカージナルスがサヨナラ勝ちを収めている。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー