[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • こんな犠牲フライ見たことない!? 走者一掃の“3ラン犠飛”にファン絶句「Wow…」

こんな犠牲フライ見たことない!? 走者一掃の“3ラン犠飛”にファン絶句「Wow…」

米大リーグで、一本の犠飛から3人の走者全員が生還するという珍事が発生。相手のミスに乗じて生まれた世にも珍しい走者一掃の“3ラン犠飛”の瞬間を、MLBの動画紹介コーナー「Cut4」公式ツイッターが「今までに3ラン犠飛を見たことがある? それが今だ」と題し、動画付きで紹介すると、米ファンは「Wow…」「oof」と絶句している。

パイレーツのエリアス・ディアス【写真:Getty Images】
パイレーツのエリアス・ディアス【写真:Getty Images】

ミスが絡んで3者生還の珍事「今までに3ラン犠飛を見たことがある? それが今だ」

 米大リーグで、一本の犠飛から3人の走者全員が生還するという珍事が発生。相手のミスに乗じて生まれた世にも珍しい走者一掃の“3ラン犠飛”の瞬間を、MLBの動画紹介コーナー「Cut4」公式ツイッターが「今までに3ラン犠飛を見たことがある? それが今だ」と題し、動画付きで紹介すると、米ファンは「Wow…」「oof」と絶句している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 世にも珍しい犠牲フライが生まれたのは、13日(日本時間14日)のパイレーツ―マーリンズの一戦だった。

 5回。1-2と1点を追うマーリンズはパイレーツを攻め、1死満塁の好機。ここで3番カストロは初球をライトに打ち上げた。右翼手のほぼ定位置、犠飛には十分な当たり。捕球したのを見ると、三塁走者ピータースは悠然とスタートを切った。そして、右翼手からの送球を内野がカットしなかったのを見て、一塁走者ロハスは思い切って二塁を狙った。これが、珍事の引き金となった。

 バックホームを受けた捕手のディアスは本塁タッチを試みず、二塁アウトを狙った。次の瞬間、二塁送球が高く逸れ、カバーに入った遊撃手の頭上を越してしまった。そして、ボールが転がった外野には、あろうことか誰もいない。それもそのはず、中堅手のマルテはフライが上がった際に右翼手のカバーに入っていたからだ。白球は緑鮮やかな無人の芝生と転々とした。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー