[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平はパワーだけじゃない 「OHTANIシフト」関係なしで魅せた“天性のワザ”

大谷翔平はパワーだけじゃない 「OHTANIシフト」関係なしで魅せた“天性のワザ”

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地ロイヤルズ戦に「7番・DH」でスタメン。4打数2安打で今季3度目のマルチ安打をマークした。「打者・大谷」としては鮮烈な3戦連発でインパクトを残したパワーに注目が集まっていたが、この試合で示したのは巧みなワザ。「大谷シフト」が敷かれるなか、内角球を逆方向への二塁打を放つなど、芸術的なバットコントロールを見せつけた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

内角球を逆方向へ、低め変化球をすくって…バットコントロールで放ったマルチ

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地ロイヤルズ戦に「7番・DH」でスタメン。4打数2安打で今季3度目のマルチ安打をマークした。「打者・大谷」としては鮮烈な3戦連発でインパクトを残したパワーに注目が集まっていたが、この試合で示したのは巧みなワザ。「大谷シフト」が敷かれるなか、内角球を逆方向への二塁打を放つなど、芸術的なバットコントロールを見せつけた。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 大谷はパワーだけじゃない。この日、ファンを魅了したのは天性のバットコントロールだった。

 2回1死走者なしの第1打席。カウント2-2から右腕ハメルは92マイル(約148キロ)の速球を内角に投げ込んだ。懐の厳しいコース。しかし、大谷は長い両腕を器用に折りたたみ、バットをボールに当てた。そして、打球が詰まらないように最後は左手を離し、右手一本で振り抜き、逆方向の左翼線に運んだ。

 メジャー初の二塁打をもたらしたワザは、第4打席でも見えた。3-4と1点を追う8回無死一塁、カウント2-2から右腕グリムが投じたのは低めのカーブだった。ストライクからボールになろうかという落差の大きい1球に対し、大谷はすくうようにバットにボールを乗せ、今度は中前へ。逆転勝ちを呼んだ。

 いずれも共通しているのは2ストライクと追い込まれ、コンパクトなスイングに徹し、つなぐ意識を持っていたことだろう。第1打席では引っ張りを警戒し、三遊間に配置した三塁手をはじめ、内野手を右方向にずらした「大谷シフト」を敷かれたが、ものともしなかった。

 大谷といえば、日本ハム時代から打撃練習が始まれば、サク越えを連発。自チームはもちろん、相手チームの選手まで視線を奪うほどのパワーは代名詞でもあった。メジャー挑戦後も3戦連発を放ち、豪快さが目立っていたが、非凡な飛距離を支えているのは天性とも思えるバットコントロールだ。それをメジャーでも発揮したことは、価値があるといえる。

 打率.367、OPS(出塁率+長打率)1.191と圧巻の数字を残している。パワーだけじゃない新たな一面を残し、さらなる躍進を予感させた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー