[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

亀田興毅、“因縁”の引退試合に米注目「今世紀のアジアの看板ボクサー2人」

ボクシングの元3階級制覇王者・亀田興毅(協栄)が5月5日に元WBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)との引退試合を行う。亀田は1日限定で現役に復帰。ラストマッチへ向けた準備を進めているが、米メディアも「コーキ・カメダ」の引退試合に注目している。

亀田興毅【写真:Getty Images】
亀田興毅【写真:Getty Images】

亀田vsポンサクレック戦に米メディアも注目、JBCの認可は下りるのか?

 ボクシングの元3階級制覇王者・亀田興毅(協栄)が5月5日に元WBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)との引退試合を行う。亀田は1日限定で現役に復帰。ラストマッチへ向けた準備を進めているが、米メディアも「コーキ・カメダ」の引退試合に注目している。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 亀田家の長男の電撃復帰と引退試合。しかも相手が因縁のポンサクレック。このニュースは海外でも取り上げられている。米放送局ESPNが報じている。

「日本のコーキ・カメダとタイのポンサクレック・ウォンジョンカムという今世紀のアジアの看板ボクサー2人が引退から復帰して再戦する計画がまとまらなかった」

 記事ではポンサクレックが長らく試合から遠ざかっていたことで、日本ボクシングコミッション(JBC)がこの試合を認可しないという方針を伝えている。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集