[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

33歳福島千里の引退に陸上界から相次ぐ惜別 山縣亮太「雲の上のような存在だった」

陸上女子100、200メートルの日本記録保持者の33歳・福島千里(セイコー)が現役引退を発表した。陸上界から惜別の声が相次ぎ、同じセイコー所属の男子100メートル日本記録保持者の山縣亮太は一緒に活動した3年間は非常に幸せでしたと労った。

陸上女子100、200メートルの日本記録保持者の福島千里が現役引退を発表【写真:奥井隆史】
陸上女子100、200メートルの日本記録保持者の福島千里が現役引退を発表【写真:奥井隆史】

引退特設サイトで心境「解放感はあるかなと思います」

 陸上女子100、200メートルの日本記録保持者の33歳・福島千里(セイコー)が現役引退を発表した。陸上界から惜別の声が相次ぎ、同じセイコー所属の男子100メートル日本記録保持者の山縣亮太は一緒に活動した3年間は非常に幸せでしたと労った。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 開設された引退特設サイトで「その時の思い、タイム、大会、場所、気持ち、すべてのレースに紐づいているので、割と全部しっかり記憶に残っています。引退については、区切りをつけたので、解放感はあるかなと思います」などと心境を明かした福島。今後は子供向けの教室などスポーツの普及活動に意欲を示し、セイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)に就任する。

 同じセイコー所属の山縣はセイコースポーツ公式インスタグラムの動画メッセージに登場。福島が18年にセイコー加入以来、男女を牽引するトップスプリンターとして切磋琢磨してきた間柄だ。「福島選手、13年という長い間、現役生活、本当にお疲れさまでした今日まで一緒に競技をさせて頂き、本当にいろんなことを学ばせていただきました」と振り返った。

「福島さんといえば、10年以上破られていない日本記録保持者で、自分からしても雲の上のような存在。最初はなかなか話しかけることもできずにいたけど、会うと気さくな方で、素晴らしい人柄で、一緒に活動した3年間は非常に幸せでした」と思い出を明かし、「これからのますますの活躍をお祈りしております」と今後へのメッセージを送った。

 また、女子100メートル障害日本記録保持者の寺田明日香は、自身のツイッターで「別のフィールドでのご活躍、楽しみです。またすぐ会えると思うので、よさげなプレゼント用意しておきます。一旦、お疲れさまでした~!」と労い、また引退発表で掲載されたセイコースポーツの写真に「このお写真で癒されたっす。こんな笑顔久々見た気がする~私が泣きそう(笑)」と反応した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集