[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全豪OPで母国観衆に中指立てる ダブルス選手の悪態に現地注目「稀に見る立腹ぶり」

テニスの4大大会・全豪オープン(OP)は27日、男子ダブルス準決勝が行われ、ニック・キリオス、タシナ・コッキナキス(ともにオーストラリア)組がマルセル・グラノイェルス(スペイン)、ホレイショ・セバロス(アルゼンチン)組にストレートで勝利。決勝進出を決めたが、第2セットでマナーの悪い観客に腹を立てたキリオスがラケットを破壊。さらに中指を立てた。現地メディアも「稀に見る立腹ぶり」と注目している。

全豪オープン・男子ダブルス準決勝で勝利し、笑顔を見せるニック・キリオス(右)【写真:AP】
全豪オープン・男子ダブルス準決勝で勝利し、笑顔を見せるニック・キリオス(右)【写真:AP】

キリオスがダブルス準決勝で激怒、ラケットも破壊

 テニスの4大大会・全豪オープン(OP)は27日、男子ダブルス準決勝が行われ、ニック・キリオス、タシナ・コッキナキス(ともにオーストラリア)組がマルセル・グラノイェルス(スペイン)、ホレイショ・セバロス(アルゼンチン)組にストレートで勝利。決勝進出を決めたが、第2セットでマナーの悪い観客に腹を立てたキリオスがラケットを破壊。さらに中指を立てた。現地メディアも「稀に見る立腹ぶり」と注目している。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 キリオスのサーブで始まったゲーム。ブレイクポイントを許すとラケットを思い切りコートに叩きつけ、さらに観客席の方へ向かって中指を立てた。米スポーツ専門局「ESPN」公式ツイッターは「ニック・キリオスがブレイクポイント献上後ラケットを投げた。さらに観客席の方向に中指を立てた」とつづって実際の映像を公開した。

 豪メディア「ナイン・デジタル」のスポーツ情報サイト「ワイド・ワールド・オブ・スポーツ」は「ニック・キリオスが稀に見る立腹ぶりで、中指を立て、ラケットを破壊し、審判を罵る」との見出しで記事を掲載。怒り心頭の場面については「サーブの最中に騒ぐ観衆を非難」と説明した。

 記事では、直前にはレットの判定に納得がいっていなかったようで「審判に対して怒鳴った」と不満を溜めていたことも指摘。「キリオスにとって幸運にも、パートナーのコッキナキスは冷静さを保ち、チームを勝利へ導いた」と伝えた。

 “紳士のスポーツ”として知られるテニスでは、サーブ時に音を立てないのが観客のマナーとされている。今大会では、ダニール・メドベージェフ(ロシア)も観客のマナーの悪さに苦言を呈していた。初のグランドスラム決勝進出を果たしたキリオス、コッキナキス組は、母国での優勝を目指し29日にマシュー・エブデン、マックス・パーセル(ともにオーストラリア)組と対戦する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集