[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュア女子、ロシアの止まらない若手台頭 14歳逸材を母国メディアがこぞって報道

フィギュアスケートのロシアジュニア選手権は22日まで行われ、女子シングルでは14歳のソフィア・アカチエワが2連覇した。2026年冬季五輪のメダル候補は、2位に大差で優勝したが「滑りにはあまり満足していません」と大器の片りんを見せた。ロシアメディアはこぞって報道している。

ソフィア・アカチエワ【写真:Getty Images】
ソフィア・アカチエワ【写真:Getty Images】

14歳アカチエワにロシアメディアが注目

 フィギュアスケートのロシアジュニア選手権は22日まで行われ、女子シングルでは14歳のソフィア・アカチエワが2連覇した。2026年冬季五輪のメダル候補は、2位に大差で優勝したが「滑りにはあまり満足していません」と大器の片りんを見せた。ロシアメディアはこぞって報道している。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ロシアフィギュアスケート連盟公式サイトはアカチエワの演技について記事を掲載。「試合の滑走をトリプルアクセルから始め、単発の4回転トウループ、4回転サルコウ・3回転トウループの連続ジャンプを跳んだ。唯一のミスはプログラム後半で4回転トウループを跳ぶ予定が2回転トウループになったことだ。残りのすべてのエレメンツを彼女はやってのけ、2位に約24点差をつけ首位の座を維持した」と伝えた。

 ロシアメディア「sport24.ru」は、大会優勝後のアカチエワのコメントを紹介。「これは私にとってとても重要でナーバスになる大会でした。そして再びそこで勝てて私は幸せです。大会に向けて準備し、とても骨を折ってくれ、完璧さへの厳しさと欲求を見せ、常に成長させてくれ、信じ支えてくれたトゥトベリーゼチームに感謝するのを決してやめません」と語っている。

 ロシアの名コーチであるエテリ・トゥトベリーゼ氏らチームに感謝。同氏は15歳カミラ・ワリエワら北京五輪代表入りした3選手を輩出。早くも次の逸材が注目を集めている。

 同メディアによると、自身のインスタグラムにも「すべてが思惑通りに行ったわけではありませんでした、この先、私が初めて出場するジュニアの世界選手権へ向け、とても多くのやらなければならないことと準備があります。私にとってそこで自分の国と我々のチームを代表するのはとても大きな幸せです!」と喜びを示したという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集