[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネット横切り敵陣で得点 全豪OPの珍プレーに海外仰天「見たことない」「これ凄いな」

テニスの4大大会・全豪オープン(OP)で生まれた珍事が話題だ。19日の男子シングルス2回戦。世界ランク21位のパブロ・カレーニョ・ブスタ(スペイン)が、敵陣コート内にあるボールに触れて得点したシーンを大会公式が動画で公開。海外ファンは「これは新しい」「何が起きているんだ」と目を白黒させている。

3回戦進出を決めたパブロ・カレーニョ・ブスタが見せたプレーとは【写真:AP】
3回戦進出を決めたパブロ・カレーニョ・ブスタが見せたプレーとは【写真:AP】

世界21位のカレーニョ・ブスタが見せたプレーとは

 テニスの4大大会・全豪オープン(OP)で生まれた珍事が話題だ。19日の男子シングルス2回戦。世界ランク21位のパブロ・カレーニョ・ブスタ(スペイン)が、敵陣コート内にあるボールに触れて得点したシーンを大会公式が動画で公開。海外ファンは「これは新しい」「何が起きているんだ」と目を白黒させている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 規則は破っていない。カレーニョ・ブスタが、敵陣コート上にあるボールに触れて得点した。1-1で迎えた第3セット第8ゲーム。スマッシュをミスした相手の返球が、カレーニョ・ブスタのコートのネット際右端でバウンド。これにバックスピンがかかっていたのか、ボールは敵陣にゆっくりと戻っていった。

 カレーニョ・ブスタはこれを利用。十分に追いつく時間もあったため、ネットを横切るような位置まで移動すると、ラケットを敵陣コート内にあるボールに伸ばし、ちょこんと触れて得点した。予想外のプレーに、カレーニョ・ブスタは飛び跳ねてガッツポーズした。

 世界ランク62位のタロン・フリークスポール(オランダ)との試合で生まれた珍事。機転を利かせた得点には現地実況席も大興奮で「これは凄い」「センセーショナルです」と伝えると、「ネットを触らない限りルール上問題ありません」と説明を付け加えた。

 実際の映像は全豪OP公式ツイッターも公開。「メモ。カレーニョ・ブスタの信じられないテニス」と文面につづった。海外ファンからは「こんなの今まで見たことない」「これは新しい」「何が起きているんだ」「賢いね」「ちょっと、これ凄いな」「ビックリ」と驚きの声が上がっている。このセットを奪ったカレーニョ・ブスタは、第4セットを失うも最終セットを6-4で制して粘り勝ち。3回戦進出を決めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集