[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、世界から脚光も本人はいたって謙虚 「過去に酔いたくはない」

大坂なおみ、世界から脚光も本人はいたって謙虚 「過去に酔いたくはない」

テニスのボルボ・カー・オープンは2日(日本時間3日)、女子シングルス1回戦を行い、世界ランク21位の大坂なおみ(日清食品)が同82位のジェニファー・ブレイディ(米国)にストレート勝ち。2回戦進出を決めた。パワフルなテニスと、ユニークなキャラクターで人気が爆発している新星だが、「実際、ほとんど何も変わっていないの」「過去に酔いたくはない」と謙虚に話している。WTA公式サイトが伝えている。

大坂なおみ【写真:Getty Images】
大坂なおみ【写真:Getty Images】

初戦突破後の会見、周囲の見方とは対照的に自身の変わらぬ立場を強調

 テニスのボルボ・カー・オープンは2日(日本時間3日)、女子シングルス1回戦を行い、世界ランク21位の大坂なおみ(日清食品)が同82位のジェニファー・ブレイディ(米国)にストレート勝ち。2回戦進出を決めた。パワフルなテニスと、ユニークなキャラクターで人気が爆発している新星だが、「実際、ほとんど何も変わっていないの」「過去に酔いたくはない」と謙虚に話している。WTA公式サイトが伝えている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 力強いショットでブレイディを圧倒した大坂。全仏オープンにつながる、クレーシーズンの初戦で好発進を決めた。

 BNPパリバ・オープンで初優勝を飾り旋風を吹かせたテニス界注目の新星。まずは完勝で1回戦を突破し、WTA公式サイトは「BNPパリバ・オープン王者ナオミ・オオサカはクレーコートでジェニファー・ブレイディを一蹴。オオサカはハードコートから力強い切り替えを果たした。ブレイディに強烈なショットをお見舞いし続けた」と伝えた。さらに大坂のコメントをこう伝えている。

「2年前、土のコートとは相性がいいと言った。フランスでの戦いに手応えがあったから。だけど去年、ここを除く土のコートで多くの試合に勝てたとは考えていない。今年、私は新たにスタートし、楽しもうとしているの。土での試合は、少なくともプレーの変更をしなければいけないわ」

 決して得意とは言えないクレーコートでの試合。従来とはアプローチを変えて臨み、楽しむようにプレーしたと振り返っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー