[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

摂食障害と闘ったフィギュア元全米女王、万感SPに賞賛の嵐「私たちが求めていた瞬間」

 フィギュアスケートの全米選手権は6日(日本時間7日)、女子ショートプログラム(SP)が行われ、元全米女王のグレイシー・ゴールドが67.61点を獲得。6位につけた。3回転のコンビネーションジャンプも決めるなど、見事な演技でスタンディングオベーションを浴びた。うつ病、摂食障害などを克服した26歳。米メディアから「ブラボー! 釘付けにする演技」「誇りに思います」などと称賛が送られている。

フィギュアスケート・全米選手権のSPで見事な演技を見せたグレイシー・ゴールド【写真:Getty Images】
フィギュアスケート・全米選手権のSPで見事な演技を見せたグレイシー・ゴールド【写真:Getty Images】

全米選手権SPでスタンディングオベーションを浴びる

 フィギュアスケートの全米選手権は6日(日本時間7日)、女子ショートプログラム(SP)が行われ、元全米女王のグレイシー・ゴールドが67.61点を獲得。6位につけた。3回転のコンビネーションジャンプも決めるなど、見事な演技でスタンディングオベーションを浴びた。うつ病、摂食障害などを克服した26歳。米メディアから「ブラボー! 釘付けにする演技」「誇りに思います」などと称賛が送られている。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 数々の困難に立ち向かった元女王が、万雷の拍手を浴びた。グリーンの衣装でリンクに立ったゴールド。ルッツ―トウループの連続3回転を決めるなど、優雅に舞った。スピンでフィニッシュすると、観客はスタンディングオベーション。演技を終えたゴールドは両手で顔を覆い、感極まった表情を見せた。

 14年ソチ五輪団体銅メダル獲得に貢献し、全米選手権は14、16年と2度制したゴールド。うつ病、不安障害、摂食障害により、17-18年シーズンを全休し、翌シーズンのグランプリ(GP)シリーズのロステレコム杯で復帰。19-20年シーズンに3年ぶりに全米選手権に出場して12位、昨季は13位だった。

 見事な演技には米メディアも称賛を送っている。米専門誌「IFSマガジン」公式ツイッターは「ブラボー、グレイシー・ゴールド!! 釘付けにするショートの演技だった」とつづった。海外フィギュアスケート専門サイト「ゴールデン・スケート」公式ツイッターもジャンプ映像とともに「アメージングだ! 個人的勝利とも言えるだろう! 私たちは誇りに思います」とたたえた。

 2016・19年カナダ選手権覇者、アレーヌ・シャルトランもツイッターで称賛。「私たち全てがグレイシーに求めていた瞬間でした」と記したほか、米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏も「オーマイガー、グレイシー・ゴールド」と2度繰り返し「これがあなたの時間だ」と投稿していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集