[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海外ボクシング「年間最高KO」を米誌選出 失神パッキャオを彷彿させる一撃が「凄い」

ボクシング界で最も権威のある米専門誌「ザ・リング」が2021年の年間最高KO賞を発表した。選ばれたのは、6月19日のWBA米大陸スーパーミドル級タイトルマッチ12回戦。ガブリエル・ロサド(米国)が王者ベクテミル・メリクジェフ(ウズベキスタン)に3回KO勝ちした。当時は動画に対し、「マルケスとパッキャオ思い出した」などと興奮した様子の声が上がっていた。

ガブリエル・ロサド(撮影は2019年)【写真:Getty Images】
ガブリエル・ロサド(撮影は2019年)【写真:Getty Images】

米リング誌が年間最高KOを選出、米ファン称賛「受賞にふさわしい」

 ボクシング界で最も権威のある米専門誌「ザ・リング」が2021年の年間最高KO賞を発表した。選ばれたのは、6月19日のWBA米大陸スーパーミドル級タイトルマッチ12回戦。ガブリエル・ロサド(米国)が王者ベクテミル・メリクジェフ(ウズベキスタン)に3回KO勝ちした。当時は動画に対し、「マルケスとパッキャオ思い出した」などと興奮した様子の声が上がっていた。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 決着は突然だった。青と白のトランクスをはいたロサドは、コーナーを背にした。圧力をかけられたが、相手が大振りの左フックを出そうとした時だ。右を顔面にぶち込んで勝負あり。王者は前のめりに失神し、立ち上がることができなかった。

 リング誌公式インスタグラムは、文面に「ザ・リングはガブリエル・ロサドが2021年のKO・オブ・ザ・イヤーを受賞したことを祝福します」と記して投稿。米ファンからは「受賞にふさわしい」「驚くほど素晴らしかった」「このKOは若いボクサー全員に見せるべき」「伝説的だ」「凄いKOだね」と称えている。

 試合当時は米スポーツチャンネル「DAZNボクシング」公式インスタグラムが動画を公開。「マルケスVSパッキャオみたいだ」「パッキャオは思い出しただろうね」「マルケスとパッキャオ思い出した」といったコメントが寄せられていた。マニー・パッキャオ(フィリピン)とフアン・マヌエル・マルケス(メキシコ)の第4戦でも、右カウンターでパッキャオが前のめりにダウン。伝説のシーンに重ね合わせた海外ファンもいたようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集