[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦の4A挑戦、海外メディアは「真の奇跡へのステップ」と称賛「12月26日を刻め」

フィギュアスケートの北京五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は26日、さいたまスーパーアリーナで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が合計322.36点で優勝。3大会連続の五輪出場を当確させた。史上初の大技・4回転アクセル(4回転半)は両足着氷となったが、イタリアメディアは「12月26日という日を刻め」「これは真の奇跡への重要なステップ」と報じている。

全日本選手権で6度目の優勝を決めた羽生結弦【写真:AP】
全日本選手権で6度目の優勝を決めた羽生結弦【写真:AP】

全日本選手権で優勝した羽生、北京五輪代表に決定

 フィギュアスケートの北京五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は26日、さいたまスーパーアリーナで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が合計322.36点で優勝。3大会連続の五輪出場を当確させた。史上初の大技・4回転アクセル(4回転半)は両足着氷となったが、イタリアメディアは「12月26日という日を刻め」「これは真の奇跡への重要なステップ」と報じている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 プログラム「天と地と」の冒頭で、史上初の大技・4回転アクセルに挑んだ羽生。公式戦初トライは高い跳躍を見せるも両足着氷となったが、大きな一歩となった。

 これに反応したのはイタリアのスポーツ専門メディア「OAスポルト」。羽生の全日本選手権優勝を伝える記事では「2021日12月26日というこの日を刻まなければいけない。ユヅル・ハニュウが埼玉で行われた全日本選手権のフリーで、4回転アクセルという不可能なエレメントに初挑戦したこの日を。回転が不十分だったが、両足で着氷した」と報じている。

 フィギュア史上誰も成功させていない4Aへの挑戦について、記事では「これは歴史上、永遠に記される前人未到の偉業。真の奇跡に向けた最初で、重要なステップなのだ」と称賛している。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集