[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

孤高の羽生結弦 編曲者がフランスの“天才すぎた”音楽家に姿を重ね、涙した名演

フィギュアスケートの全日本選手権(さいたまスーパーアリーナ)は24日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、今季初戦となった羽生結弦(ANA)が衝撃の111.31点で首位発進した。初披露となった曲は「序奏とロンド・カプリチオーソ」。編曲を担当したピアニストの清塚信也氏は、ツイッターで羽生の演技後に「子供の頃のように純粋に涙が出ました」と心情を明かしている。

全日本選手権男子SP、252日ぶり公式戦で首位に立った羽生結弦【写真:AP】
全日本選手権男子SP、252日ぶり公式戦で首位に立った羽生結弦【写真:AP】

編曲を担当した清塚信也氏「子供の頃のように純粋に涙が出ました」

 フィギュアスケートの全日本選手権(さいたまスーパーアリーナ)は24日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、今季初戦となった羽生結弦(ANA)が衝撃の111.31点で首位発進した。初披露となった曲は「序奏とロンド・カプリチオーソ」。編曲を担当したピアニストの清塚信也氏は、ツイッターで羽生の演技後に「子供の頃のように純粋に涙が出ました」と心情を明かしている。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

「序奏とロンド・カプリチオーソ」の美しいピアノの調べに身を任せ、氷上で完璧な舞いを披露した羽生。さいたまスーパーアリーナでは割れんばかりの拍手が巻き起こったが、編曲を担当したピアニストも感動を隠し切れなかった。

 8か月ぶりの復活を果たした羽生の演技直後に清塚氏はツイッターを更新。「ピアノアレンジをしている時点で、氷上の演技を想像し、涙が出ました。サン=サーンスは天才すぎて孤独を歩んだ音楽家。羽生結弦選手というヒーローを、その背負っている人々への真心を間近で見ると、誰も歩んだことのない“道”が見えました。今回のロンカプは、そんな表現をしたつもりです」

 SP曲を作曲したフランスの天才音楽家サン・サーンスと氷上の天才を重ねていた清塚氏は演技後、「何かを鑑賞して、初めて、子供の頃のように純粋に涙が出ました。心より感謝と敬意を」と綴った。羽生の圧巻の舞いに感涙したと告白すると、フィギュアファンもこれに反応。「素晴らしかった」「ただただ、涙でした」「最高の音色をありがとうございます」との声が寄せられていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集