[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、異次元111.31点のSP演技直後に織田信成「美しすぎて泣けるやんこんなん」

フィギュアスケートの全日本選手権(さいたまスーパーアリーナ)は24日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、今季初戦となった羽生結弦(ANA)が衝撃の演技を披露。111.31点をマークした。

全日本選手権男子SP、252日ぶり公式戦で完璧な演技を披露した羽生結弦【写真:Getty Images】
全日本選手権男子SP、252日ぶり公式戦で完璧な演技を披露した羽生結弦【写真:Getty Images】

全日本選手権男子SP、252日ぶり公式戦で完璧な演技披露

 フィギュアスケートの全日本選手権(さいたまスーパーアリーナ)は24日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、今季初戦となった羽生結弦(ANA)が衝撃の演技を披露。111.31点をマークした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 右足首の故障により、全日本選手権が今季初戦となった羽生。「序奏とロンド・カプリチオーソ」に乗せ、冒頭の4回転サルコーは完璧に着氷させた。4回転トーループ―3回転トーループの連続ジャンプも決め、後半の3回転アクセルも成功。滑り終えると、大きな拍手が降り注ぐ中、満足げな表情を浮かべた。

 この演技直後にバンクーバー五輪代表・織田信成さんがツイート。「美しすぎて泣けるやんこんなん」と泣き顔の顔文字を連ね、252日ぶりとなる実戦で見せた羽生の完璧な演技に感激した様子だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集