[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イチローの尋常じゃないこだわりに感心 元NPB助っ人「絶対に触ってはいけないよって」

日本でも活躍し、米大リーグではイチロー氏とチームメートになったケーシー・マギー氏が、米放送局「MLBネットワーク」のラジオ番組「MLBネットワーク・ラジオ」でイチロー氏に感心させられたエピソードを語った。「(打席後の)ほとんどの時間はどこに球が当たったのかに費やしているんだ」などとこだわりを感じた出来事も明かしている。

イチロー氏とマギーはヤンキースとマーリンズで同僚だった【写真:Getty Images】 
イチロー氏とマギーはヤンキースとマーリンズで同僚だった【写真:Getty Images】 

2球団でイチローと同僚となったマギー氏がエピソード語る

 日本でも活躍し、米大リーグではイチロー氏とチームメートになったケーシー・マギー氏が、米放送局「MLBネットワーク」のラジオ番組「MLBネットワーク・ラジオ」でイチロー氏に感心させられたエピソードを語った。「(打席後の)ほとんどの時間はどこに球が当たったのかに費やしているんだ」などとこだわりを感じた出来事も明かしている。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 マギー氏は2012年にヤンキースでイチロー氏と同僚となり、翌13年には日本に移籍して楽天初の日本一に貢献。再びMLBに戻り、15年途中からはマーリンズでもイチロー氏とチームメートになった。17年から2年間は巨人でプレーしている。

 イチロー氏については「私がニューヨークに移籍した時の話だけど、イチローはバットとかを置いておくスペースをベンチ内に持っていたんだ。すごく整理整頓されていて綺麗に置かれていた。誰か忘れたけど、『絶対に触ってはいけないよ』って私は言われたんだ」と明かした。

 日米で4367安打を放った男のこだわりは、マーリンズでも変わらなかった。若い選手が断りもなくバットを触ってしまっていたことがあったと回想するマギー氏は「そりゃ史上最高の選手のバットだ。触りたくなってしまう衝動は分かる気もする」と言いながら、こう続けた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集