[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

計4380キロ、衝撃の筋トレ “世界最強の男”に海外反響「伝説的だ」「常軌逸してる」

デッドリフトの前世界記録保持者で「世界最強の男」コンテストの優勝経験を持つエディー・ホール(英国)がインスタグラムを更新。段階的に重量を増やしているトレーニングで、最後は420キロの重さを持ち上げるという驚異のパワーを披露した。海外ファンからは「言葉が出ない」「ビーストだ」などとコメントが集まっている。

エディー・ホール【写真:Getty Images】
エディー・ホール【写真:Getty Images】

デッドリフト500キロの記録持つホール「この後数日歩けなかった」

 デッドリフトの前世界記録保持者で「世界最強の男」コンテストの優勝経験を持つエディー・ホール(英国)がインスタグラムを更新。段階的に重量を増やしているトレーニングで、最後は420キロの重さを持ち上げるという驚異のパワーを披露した。海外ファンからは「言葉が出ない」「ビーストだ」などとコメントが集まっている。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 これが“最強の男”のパワーだ。まずは重量60キロのバーベルをデッドリフトで持ち上げるホール。軽々持ち上げる胸筋、腕の筋肉も逞しい。ここからが圧巻だ。持ち上げたまま、サポートの2人が両側に計40キロの重りを追加。ホールは一度降ろして、再び持ち上げる。同様に140キロ、180キロ……と徐々に重くしていき、最大なんと420キロの重さに到達した。

 流石のホールも380キロあたりから唸り声を出しているが、気合で持ち上げている。今度は40キロずつ重さを下げていく。19回でなんと計4380キロ。「アァァァ!!!」とヘロヘロになりながらも最後までやり遂げ、最後は前方へ倒れこんだ。

 実際の映像を公開したホールは「デッドリフトで死ぬ。未だに自分史上最も印象的なデッドリフトセッション。この後数日歩けなかった。合計19回。多くの人が知らないのは、これが2度目の挑戦だということ。380キロまで行って、片方に20キロのプレートが足りないことに気付いたんだ。それで休んでから再びやった」と文面につづった。

 海外ファンからは「信じられない」「伝説的な映像だ」「誰もこんなことできない」「常軌を逸してるよ」「凄すぎる」「マッドマンだ」「言葉が出ない」「ビーストだ」などとコメントが書き込まれている。デッドリフト500kgの記録を持つホールはボクシングの練習なども含め、トレーニング風景を度々公開している。今回の映像もファンに衝撃を与えていたようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
高木美帆が選んだのは、ワコールのスポーツブラでした
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集