[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「これが日本の文化か」 サッカー日本代表選手、交代後に取った行動に海外称賛の嵐【名珍場面2021】

2021年も12月を迎えた。今年もスポーツ界では数々の名場面が誕生。見る者に感動を与えるスーパープレーから思わず笑ってしまう珍事まで、記憶に残った出来事を「スポーツ名珍場面2021」と題し、振り返る。今回は10月、スコットランドリーグ1部セルティックに所属するFW古橋亨梧が見せた一幕。交代し、退く際にピッチサイドに落ちたゴミを拾って去る光景に「世界中の人の模範になる」「これが日本の文化か」と称賛の嵐が起きた。

セルティックの古橋亨梧【写真:AP】
セルティックの古橋亨梧【写真:AP】

「スポーツ界の名珍場面総集編」10月、称賛を浴びたセルティック古橋の行動とは?

 2021年も12月を迎えた。今年もスポーツ界では数々の名場面が誕生。見る者に感動を与えるスーパープレーから思わず笑ってしまう珍事まで、記憶に残った出来事を「スポーツ名珍場面2021」と題し、振り返る。今回は10月、スコットランドリーグ1部セルティックに所属するFW古橋亨梧が見せた一幕。交代し、退く際にピッチサイドに落ちたゴミを拾って去る光景に「世界中の人の模範になる」「これが日本の文化か」と称賛の嵐が起きた。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 ピッチ外の行動が思わぬ形でスポットライトを浴びた。9月30日(日本時間10月1日)に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)第2節レバークーゼン戦。古橋は日本代表として出場した9月のワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選の中国戦で膝を負傷し、戦線離脱していたが、この試合でスタメン復帰。ゴールは奪えなかったものの、後半29分まで出場し、途中交代する場面だった。ピッチサイドに落ちているゴミを2、3個拾い、引き揚げていったのだ。

 この様子を撮影していたファンの動画がツイッターで投稿されるとSNSで話題に。「世界中の人の模範になる」「これぞ日本人!」「素晴らしい」「ジャパニーズ・スタンダード」「偉大な男」「自然な振る舞いだね」「これが日本の文化か」「スコットランドも学ぼう」などと称賛し、模範になるべき行動との声が上がった。

 26歳の古橋は興國高、中大を経て、J2のFC岐阜で2017年にプロデビュー。翌年夏にJ1神戸に移籍し、19年から3年連続リーグ戦2桁得点をマーク。日本代表にも選出され、この夏からセルティックに移籍していた。今月9日に行われたEL最終節ベティス戦では負傷交代してしまったが、ファンの期待を集める存在だけに一日も早い復帰を待ちたい。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集