[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

斎藤佑樹氏、Bリーグ群馬戦を観戦 小児がん支援活動の高校生に刺激「すごく勉強になった」

今季限りで現役を引退したプロ野球・元日本ハムの斎藤佑樹氏が11日、太田市運動公園市民体育館で行われたバスケットボール・Bリーグの群馬クレインサンダーズ対信州ブレイブウォリアーズを観戦した。試合前には小児がん支援のためのチャリティー活動「レモネードスタンド」のブースを訪問。企画を発案した高校生らを激励するとともに、自らもチャリティー活動に参加し、「これからの僕の人生においても、彼らを見てすごく勉強になりました」と刺激を受けたことを明かした。

小児がん支援のためのチャリティー活動に参加した斎藤佑樹氏【写真:中戸川知世】
小児がん支援のためのチャリティー活動に参加した斎藤佑樹氏【写真:中戸川知世】

地元・太田市での試合に来場、小児がん支援「レモネードスタンド」でチャリティー活動に参加

 今季限りで現役を引退したプロ野球・元日本ハムの斎藤佑樹氏が11日、太田市運動公園市民体育館で行われたバスケットボール・Bリーグの群馬クレインサンダーズ対信州ブレイブウォリアーズを観戦した。試合前には小児がん支援のためのチャリティー活動「レモネードスタンド」のブースを訪問。企画を発案した高校生らを激励するとともに、自らもチャリティー活動に参加し、「これからの僕の人生においても、彼らを見てすごく勉強になりました」と刺激を受けたことを明かした。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 群馬県太田市出身の斎藤氏は、市立生品中を卒業後に早稲田実業高へ進学。エースとして臨んだ高校3年時の夏の甲子園では、歴史に残る名勝負を演じ、母校を優勝へと導いた。早稲田大を経て2011年にドラフト1位で日本ハムに入団。プロでは怪我に悩まされるなか11年間プレーし、今季限りで現役を引退した。

 前日の10日に、自身の公式インスタグラムで「株式会社斎藤佑樹」の設立を発表していた斎藤氏はこの日、地元太田市で行われたB1第10節・群馬対信州の一戦を観戦。試合前には、会場内に出店された小児がん支援のチャリティー活動「レモネードスタンド」を訪問した。これはレモネードを販売して得た収益を募金する活動で、太田市にあるぐんま国際アカデミー中高等部11年生(高等部2年)の松岡優さんが発案。クラブやポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社、株式会社オープンハウスの賛同を得て始まった。

 この日も松岡さんら高校生がレモネードを販売。来場した斎藤氏が活動する高校生を激励すると、自らもブースに立ってチャリティー活動に参加した。

 斎藤氏は「レモネードスタンド」の活動について、「こういう活動はより多くの方たちに知ってもらうべき」としたうえで、「僕の発信する力でどこまでお手伝いできるかは分からないが、少しでもお役に立てればと思う」と語った。そして松岡さんら高校生の姿を見て、「僕が高校生の頃にこういう活動に取り組んでいなかったので、彼らを見てすごく素晴らしいなと思いましたし、これからの僕の人生においても、彼らを見てすごく勉強になりました」と、刺激を受けたことを明かした。

「スポーツの力でこれだけ多くの方たちが盛り上がっている。元気になっている姿を自分の目で見てとても嬉しかった」と、自身初めてというBリーグの試合観戦も新鮮な体験になったと振り返った斎藤氏。会社を設立するなど、新たな一歩を踏み出したなかで、「僕にできないこともたくさんあるが、僕にしかできないこともきっとあるはず。その何かを早く見つけたい」と決意を新たにしていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集