[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

わずか3か月で6社内定 元ヤクルト“左キラー”の転職成功談「可能性決めつけないで」【THE ANSWER Best of 2021】

覆したい“アスリートの短絡的なイメージ”とは…

 11月下旬から始めた転職活動。「スピード感がありましたね。めちゃくちゃ忙しかったです」。当時のカレンダーは書き込まれた予定でびっしり。面接、書類作成、面接……という日々を繰り返した。寝不足もあり、プレー以外では初めて不整脈の症状が出たこともあった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 それでも、熱意は実を結び、わずか3か月弱で6社から内定を得た。スポーツビジネスを広げていきたいという会社の方針に、自分の経験も活かせるのではないかと考え「デロイト トーマツ」を選んだ。

「アスリートは『スポーツをやっていた経験しかない』と謙遜してしまう人が多いんです。でも、自分は『スポーツでこういう経験があるから、社会で活躍できます』とポジティブにアピールできたので、その点が良かったと内定後の面談で言ってもらいました」

 野球選手時代に身に着けた自己研鑽する習慣、チームのためにどんな役割で貢献できるかを考える癖は、今の仕事でも役立っているという。今後、野球を引退して次のステージに移ることになる“後輩”へ、伝えられることはあるだろうか。

「一番大事なのは、どこにゴールを置くか。人生100年時代、終身雇用がなくなっていく中で、例えば70~80歳になっても働けるようにスキルを身につけておきたい、そこに向けて自分が何をすべきか考えた時、社会で汎用性のあるスキル、社会人としての力をつけていくことが大事かなと思います」

 デジタル化、AIの発展などにより、これからの仕事はアスリートに限らず不透明。あらゆる人に訪れる可能性がある“仕事の変化”に対応できる、汎用性あるスキルを身に着けていくことが大事だと考えている。だからと言って、限定的な考え方を押し付けるつもりはない。

「一つだけ言えるのは、自分の可能性を決めつけないでほしい。『アスリート』と一括りにするのではなく、自分の得意なこと、一生懸命できることを見つめ直してほしい。野球人生が全てではなく、終わった後も新たな人生を進む中で、新しい才能を目覚めさせるチャンスはある。可能性を見つけてチャレンジしてほしいです」

 熱い思いを語ってくれた久古さんに今の仕事での目標を問うと「これを成し遂げたいというのは、正直ない」と意外な答えが返ってきた。ただ、前例がほぼないセカンドキャリアで自身が活躍することでアスリートの新しいロールモデル、働くチャンスの拡大に繋げたいという思いを抱いている。

「元アスリートでも頑張ればここまでできると、成功事例を作ることが大事だと思っています。アスリートが社会にハードルなく出られるような世界になっていってほしいと思いますし、受け入れる側も『根性がある、ガッツがある』などと短絡的なイメージではなく、もっと具体的に能力、スポーツの経験が社会にこんな形で風に活きると、認識してもらいたい。自分もどういう形になるか分からないですが、貢献できたらと思います」

 引退後、コロナ禍となる前は神宮球場で観客として試合を見たこともある。「今は運営側の立場。全然視点が違いましたね」。第二の人生を歩んでいることを実感する今、後進のセカンドキャリアを明るく照らすためにも仕事に邁進する。

■久古健太郎(きゅうこ・けんたろう)/デロイト トーマツ コンサルティング

 1986年5月16日、東京都出身。国士舘高では2年春に甲子園出場。青学大でリーグ戦通算3勝を記録し、卒業後は日産自動車に入社。休部に伴い、2010年に日本製紙石巻に移籍した。同年のドラフト5位でヤクルト入団。1年目は52試合に登板し、セ・リーグ新人記録となる22試合連続無失点を記録した。15年は38試合に登板し、ヤクルトのリーグ優勝に貢献。NPB通算228試合に登板した。18年に戦力外通告を受け、現役引退。翌19年2月にデロイト トーマツ コンサルティングに入社した。現役時代の身長・体重は181センチ、82キロ。左投左打。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集