[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

体重200kg→55kg減 デッドリフト501kgの怪力男、改造ボディーに海外驚愕「神々しい」【名珍場面2021】

2021年も12月を迎えた。今年もスポーツ界では数々の名場面が誕生。見る者に感動を与えるスーパープレーから思わず笑ってしまう珍事まで、記憶に残った出来事を「スポーツ名珍場面2021」と題し、振り返る。今回は9月、「世界最強の男」コンテストで優勝経験を持つハフソー・ビョルンソン(アイスランド)の衝撃の変身だ。体重200キロだったが、約55キロもの減量に成功。ビフォーアフターの写真を公開し、「凄い変身だ」「神々しい」などと海外ファンを驚かせた。

ハフソー・ビョルンソン【写真:Getty Images】
ハフソー・ビョルンソン【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」9月、俳優ビョルンソンが衝撃の変身

 2021年も12月を迎えた。今年もスポーツ界では数々の名場面が誕生。見る者に感動を与えるスーパープレーから思わず笑ってしまう珍事まで、記憶に残った出来事を「スポーツ名珍場面2021」と題し、振り返る。今回は9月、「世界最強の男」コンテストで優勝経験を持つハフソー・ビョルンソン(アイスランド)の衝撃の変身だ。体重200キロだったが、約55キロもの減量に成功。ビフォーアフターの写真を公開し、「凄い変身だ」「神々しい」などと海外ファンを驚かせた。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 別人のようだ。ビョルンソンは顔も引き締まり、タトゥーが刻まれたボディーは彫刻品のようにシェイプアップされ仕上がっていた。腹筋は綺麗に6つに割れ、胸筋や腕、肩などははっきりとわかるくらい筋肉が隆起。一方で以前の写真は顔つきからして違う。腹回りの贅肉はパンツの上に乗っかっていた。

 ビョルンソンは体型の変化がわかる、計6枚のビフォーアフターショットを公開。文面には「この6パックを一言で表現すると?」などと記載した。海外ファンからは「信じられないほど素晴らしいね」「モチベーションになる」「凄い変身だ」「神々しい」「異次元のコンディショニングだ」「バイキングだ」などと仰天する声があがっていた。

 俳優のビョルンソンは、別の投稿では55キロの減量に成功したことを報告。過去の海外メディアの記事では、10年以上、体重200キロを超えていたことを明かしていた。デッドリフト501キロの世界記録を持つビョルンソンは、9月19日にプロアームレスラーでYouTuerのデボン・ララトとのボクシングで対戦。計量では146.5キロで、試合は1回TKO勝ちを収めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集