[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

レブロン、得点後の卑猥なポーズで罰金170万円処分 米賛否「不快」「厳しすぎだ」

米プロバスケットボール(NBA)のスーパースター、レイカーズのレブロン・ジェームズが得点後のパフォーマンスが問題視され、1万5000ドル(約170万円)のNBAから罰金処分を受けたと複数の米メディアが報じている。

レイカーズのレブロン・ジェームズ【写真:AP】
レイカーズのレブロン・ジェームズ【写真:AP】

24日ペイサーズ戦の得点後のジェスチャーが問題に

 米プロバスケットボール(NBA)のスーパースター、レイカーズのレブロン・ジェームズが得点後のパフォーマンスが問題視され、1万5000ドル(約170万円)のNBAから罰金処分を受けたと複数の米メディアが報じている。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 問題となったのは24日(日本時間25日)のペイサーズ戦、107-104とリードした第4クォーター(Q)残り1分17秒。レブロンは3ポイントを決めた。勝負所で会心のプレーとなった直後、左手で股間を押さえるようなポーズを取り、喜びを表現した。

 これが問題視され、NBAから1万5000ドルの罰金を受けたという。米スポーツメディア「ブリーチャー・リポート」公式ツイッターは「レブロンは1万5000ドルの罰金を課された。試合中にわいせつなジェスチャーをしたからである。また、試合後のインタビューで下品な言葉を使用したため、警告を受けている」と紹介し、実際のポーズの写真を掲載している。

 米ファンからは様々な反応が寄せられ、処分について「これで罰金って厳しすぎる」「彼にとっては少額かな」「貧弱なリーグだ」「もっと罰金があってもいい」との声のほか、レブロンについても「子どもが見ているんだから」「不快だ」「ロールモデルなのに酷いな」「レブロン、今までこんなことしなかっただろ」との声も寄せられていた。

 この日の試合は延長戦の末に124-116でレイカーズが勝利していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集