[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、まだまだあった「史上初」を紹介 4月4日の1回表裏で打ち立てた記録は?

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は今季、二刀流でプレーし、多くの記録を打ち立ててきた。米デーア分析会社はまだあった「史上初」を実際のプレー動画とともに紹介している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

米データ分析会社「同じ試合で100マイル以上を投げ、110マイル以上で打つ」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は今季、二刀流でプレーし、多くの記録を打ち立ててきた。米デーア分析会社はまだあった「史上初」を実際のプレー動画とともに紹介している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 記録がついて回る1年だった。米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターが取り上げたのは、二刀流伝説幕開けとなった4月4日(日本時間5日)の本拠地ホワイトソックス戦だった。1回、今季初先発でマウンドに上がった大谷は最速100.6マイル(約162.7キロ)を記録すると、その裏の打席で打球速度115.2マイル(約185.5キロ)の137メートル特大2号を放った。

 投稿では「過去、誰も同じ試合で100マイル以上の球を投げ、110マイル以上の打球を放った選手はいなかった。ショウヘイ・オオタニは100.6マイルの球を投げて、115.2マイルの本塁打を放った。それも同じイニングで!」という快挙を紹介。米ファンからも「真の二刀流旋風だ」「レジェンド、ショータイム」などの声が上がっていた。

 今季は登板試合も指名打者を解除した“リアル二刀流”で多くの活躍を見せた大谷。来季も二刀流ならではの数多くの記録を生み出し、ファンを驚かせてくれることを期待したい。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集