[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、史上初快挙達成も次に描くプランとは? “ナオミの野望”を米紙特集

大坂なおみ、史上初快挙達成も次に描くプランとは? “ナオミの野望”を米紙特集

テニスのBNPパリバ・オープンは14日(日本時間15日)、女子シングルスの準々決勝で世界ランク44位・大坂なおみ(日清食品)が同5位のカロリーナ・プリスコバ(チェコ)をストレートで破り、4大大会に次ぐ位置づけの「プレミア・マンダトリー」での日本人初の4強進出を決めた。

大坂なおみ【写真:Getty Images】
大坂なおみ【写真:Getty Images】

準4大大会での4強入りは史上初だが、大坂の目標はその先… 米紙が特集

 テニスのBNPパリバ・オープンは14日(日本時間15日)、女子シングルスの準々決勝で世界ランク44位・大坂なおみ(日清食品)が同5位のカロリーナ・プリスコバ(チェコ)をストレートで破り、4大大会に次ぐ位置づけの「プレミア・マンダトリー」での日本人初の4強進出を決めた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 格上を次々と破る快進撃で、悲願の初優勝まで2勝というところまできた。だが大坂にとっては4強は通過点のようだ。米紙が“ナオミの野望”を伝えている。

 米紙「ロサンゼルスタイムズ」は「ナオミ・オオサカがBNPに描くプラン」と見出しを付けて報じている。

「ナオミ・オオサカは予想もしないような圧勝で準決勝進出を果たした。しかし、彼女はこの偉業はそこまで重要なものではないと言った。それは、日本人選手が以前、すでに到達している領域だからだという。彼女が望んでいるプランは“史上初”だ」

 記事では、大坂がさらに上を目指す意気込みを示したことを伝えている。「プレミア・マンダトリー」での4強進出というくくりではすでに、史上初を達成しているが、この大会では1996年に伊達公子さんが4強入りを果たしており、大坂はそれ以来22年ぶりのセミファイナル進出だった。ファイナル進出となれば、またまた史上初となる。

「クールですね、OKです。幸せですよ。ただ、ファイナルに進出すれば、それはよりクールな事ですよね。私が目指しているのはそこです」

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー