[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上拓真、世界前哨戦で3-0判定勝ち 尚弥の前で完勝も不満「兄にはまだまだと痛感」

ボクシングのWBOアジアパシフィック・スーパーバンタム級(55.3キロ以下)王座決定戦12回戦が11日、東京・後楽園ホールで行われ、元WBC世界バンタム級暫定王者・井上拓真(大橋)が元東洋太平洋&日本スーパーバンタム級王者・和気慎吾(FLARE山上)に3-0で判定勝ち(三者とも117-110)した。バンタム級との2階級で世界タイトルをにらんだ世界前哨戦。国内屈指の実力者に勝ち切った。戦績は25歳の拓真が15勝(3KO)1敗、34歳の和気が27勝(19KO)7敗2分け。

WBOアジアパシフィック・スーパーバンタム級王座決定戦で判定勝ちした井上拓真【写真:浜田洋平】
WBOアジアパシフィック・スーパーバンタム級王座決定戦で判定勝ちした井上拓真【写真:浜田洋平】

井上拓真VS和気慎吾

 ボクシングのWBOアジアパシフィック・スーパーバンタム級(55.3キロ以下)王座決定戦12回戦が11日、東京・後楽園ホールで行われ、元WBC世界バンタム級暫定王者・井上拓真(大橋)が元東洋太平洋&日本スーパーバンタム級王者・和気慎吾(FLARE山上)に3-0で判定勝ち(三者とも117-110)した。バンタム級との2階級で世界タイトルをにらんだ世界前哨戦。国内屈指の実力者に勝ち切った。戦績は25歳の拓真が15勝(3KO)1敗、34歳の和気が27勝(19KO)7敗2分け。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 4回、拓真はタイミングのいい右ストレートでダウンを先取。和気が得意とするカウンターを警戒しつつ、懐に飛び込んでパンチを当てていった。素早いフットワークとハンドスピードで上回り、相手を翻弄。9回には相手が踏み込んできたところで左フックを合わせ、10回には右のボディーストレートから連打を放った。終盤は被弾する場面もあったが、終始主導権を握って完勝した。

 リング上のインタビューでは「やっぱり今は勝ててホッとしているけど、課題もいっぱい見えた。ここから世界と言っている以上は直していきたい。打ち合いでも引かずにやれたのは収穫。練習でやってきたパンチでダウンをとれたのはよかった」とコメント。続けて「ナオなら倒しきる。兄と比べられている以上、そこでは兄にはまだまだだと痛感している」と謙遜し、こう続けた。

「完成度はまだまだ60%くらい。100%に持って行けるように一から見つめ直して鍛え直したい。今のビジョンは兄弟世界チャンピオン。課題が見つかったので世界戦が決まったら一発でとれるように勝負していきたい。(12月に試合を控える尚弥に)いいバトンを渡せたと思うので、これから1か月はサポートしてきたい」

 WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の尚弥を兄に持つ拓真。2019年11月にWBC世界同級正規王者だったノルディ・ウーバーリ(フランス)との団体内王座統一戦で判定負けし、暫定タイトルを手放した。今年1月には栗原慶太(一力)との再起戦に判定勝ちし、東洋太平洋バンタム級王座を獲得。王座を返上し、今回は1つ上の階級だった。

 現在の世界ランクはバンタム級でWBO6位、WBCとIBFで8位。尚弥が応援に駆け付けた中、数年前にスパーリングで拳を交えた和気に勝ち切った。

 34歳の和気は13年3月に東洋太平洋スーパーバンタム級王座を獲得し、5度の防衛に成功した。16年7月にIBF世界同級王座決定戦でジョナタン・グスマン(ドミニカ共和国)に11回TKO負け。世界初戴冠はならなかったが、18年7月には日本王座を獲得した。現在の世界ランクはWBO13位、日本と東洋太平洋でも2位につけ、今回が1年3か月ぶりの試合だった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集