[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 高木美帆、五輪金5個の女王ブストも脱帽「一番強い者が勝った。私は一番の敗者」

高木美帆、五輪金5個の女王ブストも脱帽「一番強い者が勝った。私は一番の敗者」

スピードスケートの世界選手権(アムステルダム)第2日は10日、2種目が行われ、平昌五輪で金、銀、銅メダルを獲得した高木美帆(日体大助手)が4種目合計166.905点で、男女を通じ、日本勢初の総合優勝を果たした。五輪金メダル5つを獲得している女王イレイン・ブスト(オランダ)は総合2位で7度目の優勝を逃し、「一番強い者が勝った」と脱帽。新女王に賛辞を送っている。オランダメディアが伝えている。

高木美帆【写真:Getty Images】
高木美帆【写真:Getty Images】

高木に敗れて2位、7度目の総合Vを狙ったオランダのレジェンドも完敗認める

 スピードスケートの世界選手権(アムステルダム)第2日は10日、2種目が行われ、平昌五輪で金、銀、銅メダルを獲得した高木美帆(日体大助手)が4種目合計166.905点で、男女を通じ、日本勢初の総合優勝を果たした。五輪金メダル5つを獲得している女王イレイン・ブスト(オランダ)は総合2位で7度目の優勝を逃し、「一番強い者が勝った」と脱帽。新女王に賛辞を送っている。オランダメディアが伝えている。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 スケート界の絶対女王を撃破した。500、1500、3000、5000メートルの4種目で争う今大会。総合首位で後半2種目を迎えた高木は、最初の1500メートルは1分58秒82で1位。最終種目の5000メートルは4位と奮闘し、総合優勝を射止めた。2位は過去6度優勝のブスト。スケート大国の英雄を抑え、相手の“ホーム”で快挙を果たしてみせた。

 五輪金メダル5個を誇るオランダの31歳も、素直に完敗を認めた。ローカル局「ブラバント放送」によれば、ブストは「一番強い者が勝利した。私は2番目で一番の敗者」と語ったという。高木を「一番強い者」と表現し、自分は敗れた中で一番であると勝者に敬意を払い、2位を誇った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー