[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

古江彩佳、11か月ぶりVで感涙 欧州遠征で掴んだきっかけ「ミスを悔やまなくなった」

女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディースは17日、千葉・東急セブンハンドレッドC(パー72、6679ヤード)で優勝者を決めるプレーオフが行われ、古江彩佳(富士通)が勝みなみ(明治安田生命)を制して優勝した。アマ時代の2019年にも同大会に勝っており、今回は所属プロとして制覇。ツアー通算5勝目を飾った。表彰式では思わず感涙。会見では「神様が与えてくれた試練を乗り越えての優勝」と喜びを口にした。(取材・文=THE ANSWER編集部 柳田 通斉)

所属プロとして制覇、ツアー通算5勝目を飾った古江彩佳【写真:Getty Images】
所属プロとして制覇、ツアー通算5勝目を飾った古江彩佳【写真:Getty Images】

富士通レディース、勝みなみとのPOを制してホステスV

 女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディースは17日、千葉・東急セブンハンドレッドC(パー72、6679ヤード)で優勝者を決めるプレーオフが行われ、古江彩佳(富士通)が勝みなみ(明治安田生命)を制して優勝した。アマ時代の2019年にも同大会に勝っており、今回は所属プロとして制覇。ツアー通算5勝目を飾った。表彰式では思わず感涙。会見では「神様が与えてくれた試練を乗り越えての優勝」と喜びを口にした。(取材・文=THE ANSWER編集部 柳田 通斉)

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 最終ラウンド(R)は降雨によるコースコンディション不良のため中止に。前日の第2Rを終えて通算12アンダーの首位で並んでいた古江と勝によるプレーオフが、16番から3ホールで実施された。古江は17番パー3でバーディー。1つリードして最終18番を迎えた。

 18番パー4のグリーン上。古江は自分に言い聞かせていた。「勝さんは残り3メートルを必ず入れてくる。これを入れて優勝を決めるんだ」。残り6メートル、強い気持ちでストロークしたパーパットは緩やかなフックラインを描き、カップに吸い込まれた。冷たい雨が降る中、ここで3ホールの戦いが終了。古江がようやく安堵の笑みを浮かべた。

 約20分後、クラブハウスで始まった表彰式では感極まった。2年前にアマチュアで制した大会を所属プロとして制した喜びに加え、今年勝てなかった苦しみを思い出したからだった。

「嬉しさが出たんだと思います。アマチュアの時は自分のことだけを考えての優勝でしたが、やはり所属先に喜んでもらうのは優勝だと思っていたので、勝てて良かったです。それに、プロになって神様が与えてくれた試練を乗り越えての優勝だったので……」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集