[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

勝みなみ、プレーオフで今季3勝目逃すもサバサバ「諦めがつく。古江ちゃんが凄かった」

女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディースは17日、千葉・東急セブンハンドレッドC(パー72、6679ヤード)で優勝者を決めるプレーオフが行われ、古江彩佳(富士通)が勝みなみ(明治安田生命)を制して優勝。アマ時代を含め、ツアー通算5勝目を飾った。敗れた勝は会見で「古江ちゃんが凄かった」と勝者を称えた。

プレーオフで敗れ、2位となった勝みなみ【写真:Getty Images】
プレーオフで敗れ、2位となった勝みなみ【写真:Getty Images】

富士通レディース最終R中止、プレーオフで古江に惜敗

 女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディースは17日、千葉・東急セブンハンドレッドC(パー72、6679ヤード)で優勝者を決めるプレーオフが行われ、古江彩佳(富士通)が勝みなみ(明治安田生命)を制して優勝。アマ時代を含め、ツアー通算5勝目を飾った。敗れた勝は会見で「古江ちゃんが凄かった」と勝者を称えた。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 この日行われる予定だった最終ラウンド(R)は、降雨によるコースコンディション不良のため、午前10時45分に中止が決定。前日の第2Rを終えて通算12アンダーの首位で並んでいた勝と古江によるプレーオフで優勝者を決定することになった。16番からの3ホールでの勝負。古江が17番パー3でバーディーを奪い、そのまま勝利した。

 勝は、潔く勝者を称えた。プレーオフ2ホール目、17番の第1打を振り返り「うまかったですね~。17番、あの場面であそこにつけられたら、諦めがつきます。古江ちゃんが凄かった」。言葉通り、古江は17番の第1打をピン上2メートルにつけ、バーディーを奪った。

 一方で勝の第1打はピン奥20メートルでパー。16番はともにパーで終えており、1打リードされて最終18番パー4を迎えた。そして、第1打をフェアウェーに置き、第2打はグリーンオーバー。ピンまで残り8ヤードのアプローチはカップをかすめたが、先に古江がパーパットを決めて勝負は決した。

 今季ツアー3勝目を逃したが、2週前の日本女子オープンを制した勝は、今大会も第1Rで63をマークするなど好調を維持。「楽しむ」を自身のテーマにし、プレーオフが始まる前も雨が降る中で笑顔を見せていた。今季残り6試合も「楽しみながら」勝利を目指す。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集