[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2位キープの西郷真央「いい締めくくりできれば」 10代最後の大会でツアー初Vなるか

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン第3ラウンド(R)が3日、栃木・烏山城CC(6550ヤード、パー71)で行われた。2位スタートの西郷真央(大東建託)は3バーディー、2ボギーの70で通算8アンダーとし、2位をキープした。単独首位で9アンダーの勝みなみと1打差で、逆転でのツアー初優勝を狙う。

2位をキープした西郷真央【写真:Getty Images】
2位をキープした西郷真央【写真:Getty Images】

疲労回復法は「風呂あがりの冷水」

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン第3ラウンド(R)が3日、栃木・烏山城CC(6550ヤード、パー71)で行われた。2位スタートの西郷真央(大東建託)は3バーディー、2ボギーの70で通算8アンダーとし、2位をキープした。単独首位で9アンダーの勝みなみと1打差で、逆転でのツアー初優勝を狙う。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 最終18番パー4。西郷はパーパットを外して、悔しそうな表情を浮かべた。会見では「ピンポジションが難しかったです。ショートホールでピンが手前に切ってあることが多く、フォローの風もあり、縦距離を合わせるのが難しかったです。(最終日最終組の)明日も風の強さなど同じぐらい吹くと思うので、しっかりと対応できるように頑張りたいです」と言った。

 9番パー4では、第1打をミス。直前に「頑張れ~」と叫んだ少女の声も耳に入っていたが、「それは言い訳かなと思います。『頑張れ』というのは声援だと思っているので、プラスにとらえています」と振り返った。

 正確で力強いショットに安定したパッティング。昨年からツアー参戦したばかりだが、4度2位に入り「いつ勝ってもおかしくない選手」と見られている。9月の日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯でも、最終日を首位でスタートして2位。「次こそ」の思いは常に持っているが、今大会は国内メジャー大会の中でも最高の位置付けで、今月8日に20歳になる自身にとっても「10代最後の大会」という特別な状況にある。

「10代の良い締めくくりができればなと思います。ただ、自分だけでは成り立たないので、毎ショット、できることを精一杯頑張ることを心掛けたいです」

 第2Rラウンドの雨天順延で、月曜に最終Rが行われる異例の展開。たまった疲れは、湯船につかった後に「膝から下」に冷水をかけるなどして取っているという。疲労回復法も力にツアー初優勝を目指す。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集