[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平がマウンドで同情 相手打者の痛い自打球に米悲鳴「これはタフ」「アウチ!」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、マリナーズ戦に「2番・投手」で先発出場。7回5安打1失点、10奪三振の力投を見せるも、10勝目はならなかった。マウンド上では、自打球を股間に当てた相手打者に対し、手を頭に当てて同情するかのようなリアクションも見せた。実際の映像を米国の投球分析家が公開。米ファンからは「これはタフだ」などと悲鳴が上がっている。

マリナーズ戦で7回1失点、10奪三振の力投を見せたエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
マリナーズ戦で7回1失点、10奪三振の力投を見せたエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

マリナーズ戦に「2番・投手」で登板

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、マリナーズ戦に「2番・投手」で先発出場。7回5安打1失点、10奪三振の力投を見せるも、10勝目はならなかった。マウンド上では、自打球を股間に当てた相手打者に対し、手を頭に当てて同情するかのようなリアクションも見せた。実際の映像を米国の投球分析家が公開。米ファンからは「これはタフだ」などと悲鳴が上がっている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 想像しただけでも痛そうだ。大谷が左打者シーガーに内角86マイルの変化球を投げた時だった。シーガーが自打球を受け、左膝を地面につけて痛がる。スローで見ると、股間に当たってしまったようだ。投球後の大谷は、手を頭に当てて同情するような素振りを見せた。

 実際の映像を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターに公開。米ファンから「オーノー」「アウチ!」「おお、まじか……」「少し時間が必要だね」「これはタフだ」「1ストライクで2ボール?」「助けて!」などと反響が寄せられている。

 大谷は好投するも10勝目は付かず。勝てば両リーグで1918年ベーブ・ルース以来、103年ぶりのシーズン2ケタ勝利&2ケタ本塁打だったが、この試合で達成することはできなかった。打撃では3打数1安打。チームは1-5で敗れている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集