[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2位急浮上の稲見萌寧、メジャー初V視野もクール「どれだけ、気持ちを抑えられるか」

女子ゴルフ国内ツアーのメジャー大会、日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯の第3ラウンド(R)が11日、茨城・静ヒルズCC(6680ヤード、パー72)で行われた。今季7勝の稲見萌寧(都築電気)は、8バーディー、1ボギーの65で通算11アンダー。単独首位で通算12アンダーの西郷真央(大東建託)に1打差、2位タイにつけた。東京五輪銀メダルに続き、初メジャー制覇も視野に入ったが、最終日に向けては「優勝したいという気持ちをどれだけ抑えられるか」とクールに話した。

首位と1打差の2位タイにつけた稲見萌寧【写真:Getty Images】
首位と1打差の2位タイにつけた稲見萌寧【写真:Getty Images】

バーディーラッシュで首位と1打差、コース内を飛ぶ虫には「嫌ですね~」

 女子ゴルフ国内ツアーのメジャー大会、日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯の第3ラウンド(R)が11日、茨城・静ヒルズCC(6680ヤード、パー72)で行われた。今季7勝の稲見萌寧(都築電気)は、8バーディー、1ボギーの65で通算11アンダー。単独首位で通算12アンダーの西郷真央(大東建託)に1打差、2位タイにつけた。東京五輪銀メダルに続き、初メジャー制覇も視野に入ったが、最終日に向けては「優勝したいという気持ちをどれだけ抑えられるか」とクールに話した。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 稲見のショットが冴えわたった。2番パー4を皮切りにバーディーラッシュ。9番パー5では、残り200ヤードから放った第2打がピン手前に着弾し、奥6メートルに止まった。この日のピンが位置した手前のグリーン幅は約20ヤードしかなく、右は池、左は深いバンカーがある。その状況下でも、正確無比なショットでイーグルチャンスにつけた。パットは入らなかったが、悔しがることもなく、「番手を考えると、奥(のグリーン)でもいいという感じでした。アゲインストだったので打ちやすかったのもありますね」と振り返った。

 17番パー4は、第2打をグリーン手前の池に入れてボギーとしたものの、「ナイスショットでしたし、1ヤードぐらいの差でした。(自己採点は)80点ぐらいです」と振り返り、「全体的にバーディーチャンスが多かったですし、危なっかしくなくていい感じです」。一方で、コース内に飛び交う小さな虫については、前週のゴルフ5レディース(虫に刺された影響による左腕痛で棄権)を思い出して、「嫌ですね」と苦笑いした。

 今季7勝、東京五輪銀メダルを獲得、勝てばメジャー初制覇、年間賞金ランクでトップに立つことになるが、稲見は前のめりにはならずに言った。「優勝したいという気持ちをどれだけコントロールできるかですね。ミスをしても、何をしても笑って終われるようにしたいです」。自分をコントロールし、技術を最大限で発揮する。その先にさらなる栄光が待っている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集