[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本、史上最多11個目のメダル獲得! 団体追い抜きの金で98年長野大会を超える

日本、史上最多11個目のメダル獲得! 団体追い抜きの金で98年長野大会を超える

平昌五輪は21日、スピードスケート女子チームパシュート(団体追い抜き)が行われ、高木美帆、高木菜那、佐藤綾乃、菊池彩花の日本チームが決勝でオランダを破り金メダルを獲得。2分53秒89は五輪新記録だった。日本勢今大会11個目となるメダルは、1998年の長野五輪の10個を越え、冬季五輪史上最多となった。

日本女子パシュートは五輪レコードで金メダルを獲得【写真:Getty Images】
日本女子パシュートは五輪レコードで金メダルを獲得【写真:Getty Images】

団体追い抜きで金! 1大会メダル11個は98年長野大会を超え冬季史上最多に

 平昌五輪は21日、スピードスケート女子チームパシュート(団体追い抜き)が行われ、高木美帆、高木菜那、佐藤綾乃、菊池彩花の日本チームが決勝でオランダを破り金メダルを獲得。2分53秒89は五輪新記録だった。日本勢今大会11個目となるメダルは、1998年の長野五輪の10個を越え、冬季五輪史上最多となった。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 準決勝では高木美帆、高木菜那、菊池彩花の3選手で臨み、カナダに勝利。決勝では菊池を佐藤綾乃に変更した。序盤、リードを奪うも、中盤でオランダに逆転を許す展開。ラスト1周でリードを奪い返すと、最後は1秒58差をつけた。

 高木美帆は個人種目のスピードスケート1500メートルの銀、同1000メートルの銅に続いて、今大会3つ目のメダル。1大会で金銀銅のメダルコンプリートは冬季史上初。夏季を含めても女子では初めての快挙だ。

 今大会でメダルを獲得した日本人選手は以下の通り。

○金(3)
羽生結弦(フィギュアスケート男子シングル)
小平奈緒(スピードスケート女子500メートル)
高木美帆、高木菜那、佐藤綾乃、菊池彩花(スピードスケート女子チームパシュート)

○銀(5)
高木美帆(スピードスケート女子1500メートル)
平野歩夢(スノーボード男子ハーフパイプ)
渡部暁斗(ノルディック複合個人ノーマルヒル)
小平奈緒(スピードスケート女子1000メートル)
宇野昌磨(フィギュアスケート男子シングル)

○銅(3)
原大智(フリースタイルスキー男子モーグル)
高梨沙羅(スキージャンプ女子ノーマルヒル)
高木美帆(スピードスケート女子1000メートル)

 記録的なメダルラッシュ。平昌の地で新たな歴史を打ち立てた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー