[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「別格」上野由岐子、マウンド外でも存在感 後輩投手陣へ助言「自分で対応しなさい」

日本女子ソフトボールリーグ1部の後半開幕節が5日、神奈川・大和スタジアムで行われ、首位・ビックカメラ高崎が7位・ホンダを5-2で下した。日本代表エースとして東京五輪金メダルに導いた39歳・上野由岐子は、6回から3番手で2イニング1安打無失点。五輪決勝から40日の試合で貫録を示し、“マウンド外”での役割も全うした。

試合後、チームメイトと笑顔を見せる上野由岐子【写真:浜田洋平】
試合後、チームメイトと笑顔を見せる上野由岐子【写真:浜田洋平】

日本女子ソフトボールリーグ1部後半開幕節

 日本女子ソフトボールリーグ1部の後半開幕節が5日、神奈川・大和スタジアムで行われ、首位・ビックカメラ高崎が7位・ホンダを5-2で下した。日本代表エースとして東京五輪金メダルに導いた39歳・上野由岐子は、6回から3番手で2イニング1安打無失点。五輪決勝から40日の試合で貫録を示し、“マウンド外”での役割も全うした。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 投げるだけじゃない。ベテランとしてチームに貢献した。試合前、先発を外れた上野は入念にマウンドをチェック。感触を確かめたが、後輩投手陣に伝えたのは「しっかり自分で対応していきなさい」だった。「マウンドに上がった時にしか感じられないものがあるので」。所属チーム、代表で剛腕を振りながら、日頃から若手の成長を求めている。

 この日のチーム方針は継投。日本代表でともに戦った30歳の藤田倭が先発を託された。しかし、先頭打者に初球をいきなり左中間ソロ。2回先頭でも中越えソロを許した。上野は「思ったより上に行っているよ」と思わずアドバイス。「外から見た傾斜とかを考えて。気づいたら言っていましたね」と笑った。

 1点を追う3回から26歳の濱村ゆかりが登板した。この間、2回裏からストレッチを始めた上野は4回表にキャッチボールを開始。「大量得点だったら(登板は)ないだろうな」と思っていたが、ビハインドが続いた。本格的に投球練習を始めたのは5回裏の攻撃中。気持ちの作り方を明かした。

「負けている段階ではこのタイミングで投げるのか、投げないのか、どうなのかという状況で投げ始めていた。逆転って一瞬のことなので、その一瞬の隙に準備しておかないと投げられない。逆転を祈って(ブルペンで)投げていました。逆転した時にはすぐにマウンドに上がれるように」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集