[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小池祐貴、20秒62で200m優勝! 五輪の重圧から離れた初レース「物凄い気持ちが楽」

陸上のアスリートナイトゲームズイン福井が28日、福井県営陸上競技場で開催され、男子200メートル決勝は小池祐貴(住友電工)が20秒62で優勝した。レース後は、出場した東京五輪で大きなプレッシャーを感じていたことを明かし「(今は)物凄い気持ちが楽」などと語った。

優勝してガッツポーズを決める小池祐貴【写真:荒川祐史】
優勝してガッツポーズを決める小池祐貴【写真:荒川祐史】

アスリートナイトゲームズイン福井・男子200メートル決勝

 陸上のアスリートナイトゲームズイン福井が28日、福井県営陸上競技場で開催され、男子200メートル決勝は小池祐貴(住友電工)が20秒62で優勝した。レース後は、出場した東京五輪で大きなプレッシャーを感じていたことを明かし「(今は)物凄い気持ちが楽」などと語った。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 東京五輪には男子100メートル、400メートルリレーの2種目に出場した小池。五輪後は初レースだった。予選は20秒88で全体1位通過。決勝では2位に0秒25差をつけ完勝した。フィニッシュ後、観客から歓声を浴びると右手をあげて応じ、場内インタビューでは「最後バテてしまったが、勝ちきれてよかった」と振り返った。

 五輪ではかなりのプレッシャーを感じていた。いつもなら代表内定では驚くほどの反響がないが、五輪の代表内定となれば別。祝福の連絡などは桁違いだった。五輪を終えた今は「物凄い気持ちが楽」。五輪代表が決まってからは、買い物に行く際も感染を恐れ、5分以内で済ませるなどかなり気を張っていた。

「世界陸上と五輪は全く別物だと感じました。思った以上にギャップがありましたし、言葉には表せない部分で凄く感じました」

 来年には米オレゴンで世界陸上が控える。100メートルも200メートルも「兼ねられる限りは兼ねる」と両方出場を狙っている。五輪という大舞台の経験は生きるはずだ。「まずは(記録の)当たり前のベースを上げたい。不安のある部分の強化をしっかりできるように」と前を見据えた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集