[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦の「111.68の復活劇」に感動 45歳・葛西紀明は決勝へ…きょうの結果まとめ

羽生結弦の「111.68の復活劇」に感動 45歳・葛西紀明は決勝へ…きょうの結果まとめ

平昌五輪大会第7日は16日、7種目でメダルが決まった。

男子ラージヒル個人予選で3位につけた小林陵侑【写真:Getty Images】
男子ラージヒル個人予選で3位につけた小林陵侑【写真:Getty Images】

第7日は7種目でメダル確定

 平昌五輪大会第7日は16日、7種目でメダルが決まった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 最大の注目となったのは、フィギュアスケート男子シングル。ショートプログラム(SP)で羽生結弦が1圧巻の11.68点をマークし、首位発進。右足首の故障から3か月ぶりの実戦に挑み、復活劇は世界に衝撃と感動を与えた。宇野昌磨は3位、田中刑事は20位だった。メダルをかけたフリーは17日に行われる。

 スキージャンプ男子ラージヒル個人予選では小林陵侑が最長不倒の143.5メートルの127.6点で3位。22位の45歳レジェンド葛西紀明、27位の竹内択、37位の小林潤志郎とともに日本勢4人全員が決勝に進出した。

 メダルがかかった競技ではスピードスケート女子5000メートルで押切美沙紀は9位、高木菜那は12位と奮闘したが、日本勢はメダルなしに終わった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー