[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

平野歩夢、世界を虜にした19歳 ファン恍惚「凄まじい潜在能力」「私の金メダル」

平昌五輪は14日、スノーボード男子ハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢(木下グループ)は2本目に五輪史上初の連続4回転を成功させ、95.25点をマーク。14年ソチ大会に続く銀メダルを獲得した。3本目でショーン・ホワイト(米国)に逆転されたが、海外から「ヒラノは私の金メダリスト」「ヒラノは史上最高」「凄まじいポテンシャルがある」と世界から称える声が出ている。

平野歩夢【写真:Getty Images】
平野歩夢【写真:Getty Images】

五輪史上初の連続4回転成功…世界のファン称賛「凄まじいポテンシャルがある」

 平昌五輪は14日、スノーボード男子ハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢(木下グループ)は2本目に五輪史上初の連続4回転を成功させ、95.25点をマーク。14年ソチ大会に続く銀メダルを獲得した。3本目でショーン・ホワイト(米国)に逆転されたが、海外から「ヒラノは私の金メダリスト」「ヒラノは史上最高」「凄まじいポテンシャルがある」と世界から称える声が出ている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 最後までクールだった。97.75点の大飛翔で逆転Vを決め、嬉し涙を浮かべたホワイトを穏やかな表情で見つめると、平野は祝福の抱擁を交わした。

 歴史的な名勝負だった。平野は2本目に歴史的な偉業を達成した。五輪史上初の「ダブルコーク1440」連続成功など、95.25点で2本目終了時点でトップに。しかし、06年トリノ、10年バンクーバー大会で金メダル2度の王者ホワイトも黙っていなかった。2連続の4回転を決め返し、平野は最後の最後に逆転されてしまった。

 2大会連続で銀メダルに終わった19歳だが、ツイッター上では世界中から称賛と恍惚の声が届いた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集