[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の155m弾 着弾の瞬間とらえたネット裏映像に米戸惑い「何が起きたんだ?」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、ホームランダービーに出場。1回戦でナショナルズのフアン・ソト外野手に延長戦の末敗れたが、打撃練習でも注目を集めた。クアーズフィールドの右翼席、最上段への特大の一撃を米メディアが公開。飛距離510フィート(約155メートル)の豪快弾が米ファンを戸惑わせている。

日本選手として初のホームランダービーに出場した大谷翔平【写真:Getty Images】
日本選手として初のホームランダービーに出場した大谷翔平【写真:Getty Images】

ホームランダービーの打撃練習に米ファン「ちょっと待ってくれ」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、ホームランダービーに出場。1回戦でナショナルズのフアン・ソト外野手に延長戦の末敗れたが、打撃練習でも注目を集めた。クアーズフィールドの右翼席、最上段への特大の一撃を米メディアが公開。飛距離510フィート(約155メートル)の豪快弾が米ファンを戸惑わせている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 本番前の打撃練習でも会場を沸かせた。大谷が放った衝撃的な打球。快音を響かせ高々と舞い上がったボールは、なんと右翼席奥に設置されたデッキ最上段の柵に直撃。観客からは大きなどよめきが起きた。その距離なんと約155メートル。圧巻の一言だ。

 米ロサンゼルス放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターは、バックネット裏から撮影した映像を公開。文面には「ショウヘイは打球を500フィート以上かっ飛ばした。普通の打撃練習なのだが」とつづった。

 米ファンからは「最高のパフォーマンスだ」「オオタニのような選手は見たことがない」「信じられない」「ちょっと待ってくれ」「音速を超える本塁打を放つだろう」「何が起きたんだ?」「ショウヘイの打撃練習で24時間のドキュメンタリー番組が作れる」とコメントが寄せられている。13日(同14日)のオールスターゲームには「1番・投手」でスタメン出場する予定だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集