[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平のHR競争、なぜ水原通訳を捕手にした? 名投手ペドロらを爆笑させた答えは

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、12日(日本時間13日)のMLBホームランダービーに日本人として初めて出場。1回戦で敗れたが、球場を大いに沸かせた。捕手には水原一平通訳を起用したが、ホームランダービーの前に行われた米メディアのインタビューでその理由について言及。出演者を爆笑させていた。

日本選手として初のホームランダービーに出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
日本選手として初のホームランダービーに出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

ホームランダービーでは1回戦でソトに敗北

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、12日(日本時間13日)のMLBホームランダービーに日本人として初めて出場。1回戦で敗れたが、球場を大いに沸かせた。捕手には水原一平通訳を起用したが、ホームランダービーの前に行われた米メディアのインタビューでその理由について言及。出演者を爆笑させていた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大谷は1回戦でナショナルズのフアン・ソト外野手と対戦。2度延長にもつれ込んだが、最後は及ばなかった。競技前から話題となっていたのが、捕手役を務めた水原通訳。星条旗柄のプロテクターをつけ、大谷の間近で競技に臨んでいた。

 ホームランダービーの前に、大谷は水原通訳とともに米放送局「MLBネットワーク」のインタビューに応じた。レッドソックスなどで活躍した名投手、ペドロ・マルティネス氏らと対面。出演者から「なぜ捕手に水原通訳を指名したのか」と問われると、「後ろに僕より緊張している人がいた方が楽かなと思って」と答えた。

 これにはマルティネス氏らも爆笑。「MLBネットワーク」公式ツイッターが実際の映像を公開していたが、日本のファンからは「和やかなインタビュー」「キャッチャー起用理由笑える」「ペドロうっきうき」などと反響が寄せられている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集